衣替えの時期はいつ?2019年うまくやるコツはこれしかない!

 

 

 

このように蒸し暑い毎日が続くと・・・そろそろ「衣替えの季節」がやって来ますね。

 

「一体いつ?から衣替えをするの?」
「衣替えってめんどうだからなあ~・・・あまりしたくない!」

 

そんなことを考えていませんか?しかも・・・「衣替えは各季節にそれぞれありますから大変?」ですよね。

 

そこで・・・「衣替えをうまくやるコツ!」についても調べてみました。是非、今年は大変な「衣替えをうまく乗り切っていきましょう。」

 

「衣替え2019年」・・・ 各季節の時期はいつがいいのか?

 

衣替え2019年・・・春・夏・秋・冬 時期はいつがいいの?

 

「衣替え」はいつ?からするのか?「何月ごろ?」がいいのか?
2019年のおおよその目安の時期は以下の通りです。

 

 

・ 春服への衣替え・・・4月後半~5月初めくらいから

・ 夏服への衣替え・・・6月半ば~6月後半くらいから

・ 秋服への衣替え・・・9月後半~10月初めくらいから

・ 冬服への衣替え・・・10月後半~11月初めくらいから


※あくまでも目安ですから・・・その時期の外気温を考慮してください!

衣替えをする「気温の目安?」とは?

 

実は・・・「衣替え」は外の気温が深く関係しているんです。人間の身体は気温の高さによって快適と感じる服装が違ってきます。

 

そこで・・・気温と服装の目安は以下の通りです。

 

・ 気温が25度以上・・・半袖

 

・ 気温が20度以上・・・
半袖or長袖+1枚羽織るぐらい

 

 気温15度~20度以下・・・
長袖+1枚羽織るぐらい

 

・ 気温15度以下・・・冬服

春は18度以上、夏は22度以上、秋は22度以下、冬は18度以下が多くなってきたら「衣替え」の準備を始めましょう!

 

ただし「春の衣替えだけ!」は注意が必要です。

 

春は特に・・・気温が変わりやすいのです。昼と夜の気温差が大きかったり、日照時間によっては寒い日もあります。

 

衣替えの時期には、すべての衣服を収納しないで何枚か羽織るものを残しておきましょう!

 

「衣替え」・・・うまくやるコツとは?

 

衣替えは、コツを掴んで要領良くやることによって、簡単に行うことが出来ます。

 

「衣替え」をうまくやるコツは以下の通りです。

 

・ 晴れた日に行う

 

・ 収納場所は事前にきれいに掃除をしておく

 

・ 洗ってから収納する

 

・ クリーニングに出したものは良く干してから収納する

 

・ 防虫剤と乾燥剤は必ず入れておく

 

・ 引き出し式の収納ケースを活用する

 

・ 圧縮袋もうまく活用する

 

・ 「衣替え」は休日に行う

 

では・・・それぞれについて詳しく説明をさせていただきます。

 晴れた日に行う

衣類は特に湿気には弱い!ので、「衣替えは必ず晴れた日に行いましょう!」
湿気を帯びたまま収納してしまうと「カビ発生」の原因となります。

 収納場所は事前にきれいに掃除をしておく

クローゼットや物置は常に閉め切った状態のため、湿気や汚れの温床!になっています。そのまま収納してしまうと、カビや衣類の虫で服が傷んでしまいます。
収納場所は必ずきれいに掃除をしておきましょう!

 洗ってから収納する

普段着ていない服は、長期間放置されていたためニオイや衣類の虫がついていることもあります。

 

そのため1度も袖を通していない服も洗って収納するほうが無難です。

 

 クリーニングに出したものは良く干してから収納する

 

クリーニングから戻ってきた衣類は必ずビニール袋を剥がして干してから収納しましょう。

 

わたくしも・・・クリーニングから戻ってきてそのままにして虫に食われてしまった苦い経験がありますので注意をしてくださいね。

 

ビニール袋の中には湿気がこもっています!

 

 防虫剤と乾燥剤は必ず入れておく

 

服につく虫は気をつけていても、一緒に収納してしまう可能性が大きいです。また例え晴れた日に行っても収納場所の湿気でカビなどが生えてしまう可能性もあります。

 

必ず防虫剤と乾燥剤を入れましょう!

 

ただし・・・防虫剤・乾燥剤には有効期限や個数にも制限がありますからご注意を!

 

 引き出し式の収納ケースを活用する 

 

収納ケースは「引き出し式」が便利です。

 

上からフタを閉めるタイプは開け締めのために、降ろしたり上げたり大変です。引き出し式の収納ケースなら引っ張るだけですので、服の移動もかなり楽にできます。

 

 圧縮袋もうまく活用する

 

収納する衣類の量が多いと場所の確保だけでも大変です。

 

そんな時は、圧縮袋を利用することでスペースの確保が容易にできます。ただし・・・圧縮袋を使うと衣類がシワになりやすいので、シワになっても大丈夫な衣類を選んでくださいね。

 

 「衣替え」は休日に行う

 

「衣替え」は休日に行うのがおすすめ!です。

 

「衣替え」を始めると思ったより時間がかかってしまいます。またたくさんの衣料を出すために足場のスペースもなくなってしまいます。

 

やはり・・・休日の朝から衣替えをすればゆっくりと余裕を持って作業が出来ます。
また・・・捨てる服などが出てきた場合でも家族が揃っていたほうが選びやすいですからね。

 

まとめ

 

それでは・・・「衣替え」に関してその「時期」や「うまくやるコツなどについて、おさらいをしていきましょう。

 

春は18度以上、夏は22度以上、秋は22度以下、冬は18度以下の気温の陽が多くなってきたら「衣替え」の準備を始めましょう。

 

衣替えをうまくやるコツは?

 

・ 晴れた日に行う

・ 収納場所は事前にきれいに掃除をしておく

・ 洗ってから収納する

・ クリーニングに出したものは良く干してから収納する

・ 防虫剤と乾燥剤は必ず入れておく

・ 引き出し式の収納ケースを活用する

・ 圧縮袋もうまく活用する

・ 「衣替え」は休日に行う

 

さあ・・・今年の「衣替え」はこれでバッチリですね。

上手に「衣替え」をして快適な季節を楽しんでくださいね!

 

下記の記事も・・・良かったらご覧ください!

衣替えのコツ!断捨離!洗濯方法!収納術!

最後まで、お読みいただきありがとうございます。