煽り運転!判決から見る加害者その後の人生は本人・家族も台無し!

最近、煽り運転(あおり運転)によるトラブルが続出しています。

私も車を運転していて、後ろから「煽られて」こわい目に会うこともたびたび経験をしていますから他人事ではありませんね! 皆さんはそんな経験がありませんか?

今回は「バカな!あおり運転をすると一生台無し!人生終わりだよ~!」というテーマでお話をいたします。

 

「煽り運転(あおり運転)」とは?

煽り運転(あおり運転)とは

 

最近各地で「煽り運転」による事故や事件が多発していますが、英語ではRoad rage・ロードレイジと呼ばれ道路を走っている時に「前を走る車の後ろにピッタリとついて走ることによって交通の危険を生じさせる行為」のことです。

 

「煽り運転東名事故」の経緯と概要

すでにテレビ・新聞などで詳しく報道されているので、東名高速道路で起こった「煽り運転」の経緯について簡単にお話いたします。

 

2019年の6月5日21時過ぎに東名高速の中井パーキングでの口論がもとで、容疑者の石橋和歩(25)は、被害者の萩山友香さん(39)の運転するワゴン車を追いかけて煽り運転をくりかえしたため危険を感じてやむなく追い越し車線上にワゴン車を停めて、石橋容疑者と押し問答をしていたところ後方からきたトラックが突っ込み、友香さんと夫の嘉久さん(45)が亡くなってしまったのです。

 

「石橋容疑者」を4ヶ月後に逮捕

 

神奈川県警の交通捜査課は、防犯カメラから石橋容疑者の事故当時の状況説明は虚偽であると断定して10月10日に石橋容疑者を「自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の疑いで逮捕した。

 

 

「東名高速あおり運転事故」の石橋和歩被告に懲役18年の判決

 

2019年12月14日横浜地方裁判所で開かれた裁判員裁判の判決公判で深沢茂之裁判長は、求刑懲役23年に対して「懲役18年」を言い渡しました。

深沢茂之裁判長は「4度に渡る妨害運転でワゴン車を停止させ死傷させたのは妨害運転によって引き起こされた」と判断し、被告の「煽り運転」と「夫婦の死亡には因果関係がある」と認定して「危険運転致死傷罪が成立する」と判断しました。

 

「たったの18年!正直な感想です。

 

ネット上でも、「当然死刑にすべきだ」との意見が大多数を占めていますが、反省のかけらも見られない石橋の態度などを見ていると「懲役18年」というのは軽すぎると考えます。

両親を目の前で失った姉妹のことを思うといたたまれない気持ちになります。そして、こんな男がたったの18年で社会に出てきてしまうのは、本当に許せません。

ただ社会に出てきても今のような反省のかけらもない状態であれば、当然社会に受け入れられるハズもなく「いばらの道」が続くことでしょう。

まさに石橋は、バカで愚かで最低の行動をしたために「一生を台無し」にしてしまい人生を終えてしまうのです。

またそれは「当然の報い!」であります。

 

まとめ

 

このような事故いや事件があったにもかかわらず「煽り運転」のケースは今なお続出しています。

このようなケースでは被害者はもちろんのこと、加害者側にもその家族や親戚など関係者が沢山いるわけです。

そして長いようで短い貴重な人生を「ブタ箱」に入れられて暮らすことなどを考えたらこれほど「バカな行為」はありません。

車を運転するものは、そこを良く考えて「思いやりのある優しい運転」を是非心がけて欲しいものですね。

 

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!