橋本環奈の双子の兄の名前・性格・学歴は?イケメンなのか?

現在公開中の話題の映画「十二人の死にたい子どもたち」で4番・秋川莉胡(リョウコ)役を演じている橋本環奈(はしもとかんな)には、双子の兄がいるのは、皆さまご存知の通りです。

 

そこで、橋本環奈の双子の兄について「名前・性格・学歴・仕事・イケメンなのか」などについて調べてみました。

 

橋本環奈ファンのあなた!どうぞご覧ください。

 

 

※ 画像はすべてイメージです。

橋本環奈の双子の兄の「名前・性格・学歴・そしてイケメンなのか?」

 

橋本環奈の双子の兄の名前は「りょう?」

橋本環奈に双子の兄がいることがわかったのは、テレビ番組「王様のブランチ」でした。

 

また橋本環奈がブレイクする前に本人の公式ブログ「Rev.from DVL」やツイッターの中でもその画像とともに明かしていました。そこで橋本環奈は男女の双子であることが判明しました。いわゆる上が兄(男)で下が妹(女)という図式になりますね。

 

ところで余談になってしまいますが、双子の生まれた順番どちらが「上」なのか?わかりますか。実は後から生まれたほうが「上」になるんです。したがって「橋本環奈が先に生まれた」ということになりますね。

 

 

さて肝心の「橋本環奈の双子の兄」の名前ですが、一般人であるために正確な名前は残念ながらわかりません。

 

ですが、橋本環奈が双子の兄のことを「りょう・りょう」と呼んでいることから「りょうた」・「りょうすけ」・「りょういち」もしくは単に「りょう」の可能性もありますね。

 

橋本環奈の双子の兄の「性格」は?

双子の兄の性格について橋本環奈は「まったく似ていない?」と言っていますが橋本環奈自身は「自分はネガテイブ」だけれども「兄はポジティブ」と言っています。果たしてどうなんでしょうか?

 

たとえ双子で同じ環境で育てられても「性格は違ってくるのでしょうか」興味のあるところですね。

 

 

また橋本環奈の双子の兄はバスケットボールをやっていて、アニメのワンピースが好きとも言われています。

 

橋本環奈の双子の兄の「学歴」は?

橋本環奈の双子の兄は「川島学園 福岡舞鶴高校」(福岡市西区にある私立の中高一貫校)卒業です。

 

ちなみに橋本環奈は「博多女子高校」(福岡市東区にある私立の女子中高一貫校)です。

 

同じ双子の兄弟でも「高校は西と東に分かれて通っていた」のも面白いですね。これは男女の双子だからかも知れませんが。(笑)

 

橋本環奈の双子の兄は「果たしてイケメン」なのか?

 

橋本環奈の双子の兄の最近の写真は公開されていないためにハッキリとは、わかりませんがあまりイケメンではない?ようです。(笑)

 

これは、橋本環奈の双子の兄の学校の同級生のツイッターから
「橋本環奈とは似ていない」
「背も低かった」
「橋本環奈とあんまり似ていないのでびっくりした」

このような投稿が寄せられていることもあり「あんまりイケメンではない?」ようですね。

 

でも、ツイッター上の小さい頃の写真を見ても目がクリクリっとして「可愛らしい印象」があるのですが年齡を重ねると当然変化はしてきますが、橋本環奈の双子の兄という目で見られているのでお兄さんには気の毒な感じもします。(笑)

 

 

オマケ!「橋本環奈」の簡単なプロフィール

 

Wikipediaによりますと

本名     橋本環奈(はしもとかんな)

生年月日   1999年(平成11年)2月3日

生まれ    福岡県 福岡市

身長     152cm (意外と小柄?なんですね。)

血液型    AB型

ジャンル   映画・テレビドラマ・CM

学歴     私立 博多女子高等学校(福岡市東区)

今後の活躍がますます期待されますね。

 

まとめ

 

現在公開中の話題の映画「十二人の死にたい子どもたち」で女優役で大活躍の「橋本環奈の双子」についての情報をまとめてみました。

■・・・橋本環奈の双子の兄のなまえは「りょう・りょうた・りょうすけ・りょういち」が予想されます。

 

■・・・橋本環奈の双子の兄の性格は「ポジティブ」
同じ双子の兄弟でも性格はかなり違うようです。

 

■・・・橋本環奈の双子の兄の学歴は「福岡舞鶴高校」です。

 

■・・・橋本環奈の双子の兄は「あまりイケメンではない?」ようです。

 

 

今大人気の「橋本環奈の双子の兄」について調べてみましたが、現在は一般人とのことですので関心があるのはわかっていますが「そうっとしてあげたほうが良い」と思います。

 

そういいながら自分でこのような記事を書いていますので、偉そうなことは言えませんね。

 

今後の「橋本環奈の大活躍」と「橋本環奈の双子の兄としてのプレッシャー」に負けないで、お兄ちゃんにも頑張っていただきたいですね。

 

最後まで、ご覧いただきありがとうございます!