初盆・孫の香典の相場金額はいくら?お供え物も必要?香典の書き方も

 

おじいちゃん、おばあちゃんが亡くなっての初盆孫の香典の相場・金額は一体いくら位なんだろうか?ご存知でしょうか?

 

親戚・知人もたくさん集まるので香典の金額で恥はかきたくないですね。(笑)

 

また香典とは別に「お花代」って必要なんだろうか?わからないことばかり?ですね。
香典の書き方についてもお伝えします。

 

初盆の孫の香典の金額・相場はどのくらい?

 

皆さま、ご存知の通り「初盆」は故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことですが、地域によっては「新盆(にいぼん・あらぼん)」とも呼ばれています。

 

 

大事な祖父や祖母が亡くなって初めて迎えるお盆。孫の立場で香典を出す場合の相場・金額がわからずに困ってしまいますよね。

 

身内だからこそ迷ってしまうお金関係の相場についてご紹介します。

 

結論から先に申し上げますと5千円~1万円が大体の相場です。

 

ただし、法要(お坊さんにお経をあげてもらうこと)だけなのか?法事(法要後の食事を含む)もあるのか?場所がお寺なのか?家なのか?によっても相場は違ってきます。

 

大体実家や本家などで法事まで行うことが多いと思いますが、お坊さんにお経をあげてもらい人数分の食事まで用意してもらうと考えた場合には1万円が相場です。

 

ちなみに、この1万円というのは1人ということではなく「一家族」で1万円という考え方ですから、結婚式などと違って初盆は一家族1万円で問題ありません。

 

また食事など無くて「法要のみ」の場合は5千円でも、構わないと思います。

 

香典の他に「お供え物」も必要なの?何がいいのか?

 

身内の初盆に行くとなると、香典以外に「お供え物」も必要なのか?気になりますよね。

 

実家や本家に行くとなると「手土産」はどうしようってことも考えてしまいますね。
初盆に行くのであれば「手土産よりお供え物!」です。

 

 

この場合「お供え物」は何がいいのだろうか?お供え物は仏壇にお供えされた後「お下がり」としていただくことも多いので、日持ちのするお菓子やゼリー・羊羹など分けやすい
個包装のお菓子類が良いでしょう。

 

ちなみに「お供え物の相場」は大体2~3千円と考えておけば大丈夫です。

 

「お供え物」が2千円なら香典は8千円でいいのかな?と考えてしまいますが、お供え物と香典はあくまでも別物と考えておきましょう。

 

初盆の「のしの書き方・名前の書き方」はどうする?

 

不祝儀袋の書き方には、相手方の宗教・宗派によってかなりの違いがあります。

 

香典袋の書き方には

通常「御霊前・御香料・御香典・御佛前・御仏前」などですが
神式では「御霊前・玉串料・御榊料」
またキリスト教では「御花料」となります。

 

何れにせよ仏教かどうかわからない場合には「初盆御見舞・御供物料」などが無難です。

 

名前の書き方については、法要・葬儀の場合は「一つの家から一つ」という考え方がありますので世帯主の名前を書いておきましょう。旦那様のフルネームだけ書いて「夫婦連名」にしてはいけません!

 

またお供え物の掛紙は「御供」が一番ふさわしく旦那様のフルネームです。

 

まとめ

 

 

初盆に包む孫の香典の相場・金額はいくらぐらいが妥当なのか?「お供え物」も必要なんだろうか?また香典の「のし」の書き方のルールについてまとめてみました。

 

■・・・初盆に際して孫が包む香典の相場は、食事を伴う法事まであるのかどうか? お坊さんにお経をあげてもらうだけの法要だけなのか?によって相場・金額は違ってきますが、考え方として「香典は一家族単位」で出しますが、食事が供される場合は1万円が大体の相場です。

 

■・・・実家や本家に行く場合「手土産」よりも「お供え物」がふさわしく、日持ちのする個包装のお菓子など良く相場は2~3千円ぐらいです。

■・・・初盆の香典袋の書き方は「初盆御見舞・御供物料」などであれば無難です。

 

親戚・知人などが多数集まる「初盆」です。孫の立場で参加して恥を欠かないようもう一度見直しをしてくださいね。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!