初午いなりの日とは?初午の意味・なぜいなり寿司食べる?鼻顔稲荷も

 

見てください!
この美味しそうな「いなり寿司!」

 

思わず「ヨダレ?」が出て来そうですね。(笑)我が家では家族全員「いなり寿司」が大好き!で5人家族で30~40個も作るのですがあっという間になくなってしまいます。

 

そんな、みんなの大好物ですが「初午いなりの日」という日をご存知ですか?今回は「初午いなり」についていろいろ調べてみましたよ。

 

ぜひ「いなり寿司」を頬張りながらお読みください。(笑)

 

「初午いなりの日」とは?

 

2018年に「日本記念日協会」によって2月11日が「初午いなりの日」として登録されました。

 

「初午」の日に、稲荷神社のお使いとされる「キツネ」の大好物の油揚げを使った「いなり寿司」をお供えして1年のうちで最も運気が上がる日と言われている「初午の日」に家族全員の幸せを祈りながら食べるのが「初午いなり!」です。

 

京都 桂茶屋 京炊き込みいなり寿司食べ比べセットはこちらです!

 

そもそも・・・「初午」とは?

 

私が小さい頃に住んでいた長野県佐久市には有名な鼻顔稲荷神社(はなずらいなりじんじゃ)があり「初午の日に連れて行ってもらった記憶」が今でも鮮明に残っていますが「いなり寿司」のことは記憶にまったくありません。(笑)

 

さて本題の「初午」ですが

初午(はつうま)とは、2月最初の午(うま)の日!のことです。

 

ちなみに2019年の「初午」は2月2日(土)です。その言われは711年に京都の伏見稲荷大社に祀られている農業神の宇迦之御魂(うかのみたま)が伊奈利山(いなりやま)に降臨された日であると言われています。

 

そして、降臨された日に「初午祭(はつうまさい)」が行われるようになり「伏見稲荷大社」に「初午詣(はつうまもうで)」をするようになりました。

 

その後は街中では商売をする者また農村では五穀豊穣を願うお祭りを行う日となりました。

 

なぜ?「初午」に、いなり寿司を食べるのか?

 

 

初午の日に食べるいなり寿司のことを「初午いなり」と言いますが、ではなぜ初午の日に「いなり寿司」を食べるのでしょうか?

 

そもそも、稲荷神社とは稲荷神(いなりのかみ・いなりしん)を祀る神社のことですが京都の伏見稲荷大社は稲荷神社の総本山です。

 

稲荷神は、お稲荷さん(おいなりさん)・お稲荷様(おいなりさま)・稲荷大明神(いなりだいみょうじん)と呼ばれていますが、古来より日本人は「キツネ」を神聖なものと捉えており稲荷神社ではキツネが神の使いとして祀られています!

 

この神の使いであるキツネの好物が油揚げ!と考えられているために、油揚げをお供えする訳です。

 

そのため、油揚げを使った料理を「稲荷」と呼ぶようになり油揚げの中に酢飯を入れたものを「いなり寿司」というようになって「初午の日にはいなり寿司」を食べる習慣が根付いて来ました。

 

わたくしの地元の鼻顔稲荷神社(はなづらいなりじんじゃ)とは?

 

鼻顔稲荷神社は、長野県佐久市岩村田にある佐久地域を代表する神社です。

 

〒385-0022
長野県佐久市岩村田花園町4261  TEL0267-68-8469

https://goo.gl/maps/dh9xVHP29BU2

 

もともと、稲荷神社のお祭りである「初午祭」は2月最初の午の日に行われていましたが、鼻顔稲荷神社の初午祭は例年2月11日の「建国記念日」に合わせて行われます。

 

家内安全や商売繁盛の祈願の参拝客で溢れかえり、神社の参道から岩村田商店街にはたくさんの露天が並び神社の入り口の出店では縁起物の「ダルマ」が売られています。

 

また鼻顔稲荷神社のすぐ下を流れる湯川(ゆかわ)では、夕方から「奉焼祭」が執り行われて「ダルマのお焚き上げ」があり幻想的な光景を楽しむことも出来ます。

 

私も何十年ぶりに行って見たいと思っていますので皆さまも是非、鼻顔稲荷神社の「初午祭」に行ってみてはいかがでしょうか?

 

なお2月の佐久地方は寒さが非常に厳しい!ので防寒対策だけはしっかりとしてください!

 

まとめ

 

では「初午いなり」関連の情報をまとめてみます。

 

2018年に「日本記念日協会」によって2月11日が「初午いなりの日」として登録されました。

 

ちなみに2019年の「初午」は2月2日(土)です!

 

「初午」とは?2月最初の「午」の日であり、昔から「五穀豊穣」や「商売繁盛」を願って稲荷神社で行われるお祭りのことです。

 

稲荷神社の神の使いは「キツネ」と言われており、キツネの大好物である油揚げがお供えされています。そして油揚げを使った料理を「稲荷」と言い、油揚げの中に酢飯を入れたものが「いなり寿司」といわれ「初午の日」には、いなり寿司を食べるようになりました。

 

今年の「初午」には、防寒対策をしっかりとして是非お近くの「稲荷神社」をお詣りしてみてはいかがでしょうか?

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!