保育園落ちたらどうする?ベストな選択肢!体験ママのとった方法とは?

子供を出産し子育てをしながら働く母親が増えた今の世の中。ニュースでも時々取り上げられる保育園の話です。

 

 

保育園に落ちてしまったらどうする?我が家の体験談を含めて対応策を考えていきましょう!

 

子供が3歳以上であれば幼稚園に入れて延長保育などを利用している人もいるかもしれませんね。しかし大体のママが考えるのは保育園。その場合「そもそも保育園に入れるのか?」と不安になる人も多いのではないでしょうか。

 

実は我が家も私がフルタイムの正社員ではないので上の子の1歳の4月と下の子の0歳の4月は見事に入れませんでした。(下の子は現在も保育園に落ち続けています。)結論から言うと上の子は2歳の4月に公立保育園に入ることができました。

 

やっぱり?育休を延長するのか?

 

保育園の申込の時に役所でまず聞かれました。「入れなかったらどうしますか?育休の延長ですか?」

 

自治体のカウント方法が微妙にそれぞれ違うので絶対そうだとも言い切れませんが「育休の延長」だと待機児童の数に入らないようです。したがって、もしかしたら住んでいる自治体の待機児童が少ない方かも?と思っても実は延長している方がたくさんいるのかもしれません…。中には延長している人もいると思います。
会社側がそれでOKなら「不承諾通知」を見せて手続きをすれば大丈夫です。
(かなりざっくりした言い方で申し訳ありません…)

 

 

認可外保育施設の存在

 

そして次に言われたのが「認証保育所や認可外保育施設も考えていますか?」認証保育所は入園料が発生したり保育料が公立とは異なり園によってそれぞれ設定されています。「認証保育所」なので後から保育料が助成されます。いくら戻ってくるのかは自治体によって違いますので自分の住んでいる自治体に確認をしてみて下さい。

 

また2歳児までの保育所もあります。3歳の4月からは転園が必要となりますが提携園などあれば安心ですが再度申込が必要となります。

 

 

そして認可外保育施設の存在。その文字の通り自治体から認められていない保育園です。認証保育所のように保育料は助成されません。ただし※認可外で認められていないからといって悪い保育園ということではありません。

 

ですが認可外保育施設の中で国が始めたばかりの事業の「企業主導型保育施設」はご存知ですか?企業主導型保育施設ならば国からの認可を受けて助成金が出ているため保育料は実はそんなに高くないようです。(これも園によって異なります。)「認可外保育施設」と調べて出てこなかった保育園が「企業主導型保育施設」と検索してみたら出てきた保育園があったケースがありました。

 

「企業主導型保育施設」はその名の通り民間企業がその企業に勤める人達のために作る保育施設で、近くの子供たちのための「地域枠」は任意で設定されていますが社員のみで埋まるケースはほとんどなくて、ほとんどの園が地域枠を設けているようです。

 

園のホームページを見ると保育料などの記載がありますので自宅の近くにあるか?もしくは職場の近くにあるのか?を調べてみると良いかもしれませんね。自治体を通しての申込でないため自分の住んでいる自治体でなくても大丈夫です。

 

家庭福祉員とは?

 

「家庭福祉員」というワードを聞いたことはありませんか?もしくは「保育ママ」というものをご存知でしょうか?我が家は上の子も下の子も保育ママにお世話になっています。

 

住んでいる自治体に保育ママは何人いるのか?また何人まで預かってくれるのか?どういった環境なのか?

 

預かり時間も9時から17時とフルタイムの人は厳しいかもしれませんが私のようにフルタイムでない時短勤務であるような人は問題ないですよね。

 

この「家庭福祉員」になるのにもきちんと決まりがあり保育士の資格が必要です。
基本的に自分の自宅で子供を預かってくれるのですが部屋の広さや環境によって預かる人数も決まります。その他研修などもあります。

 

上の子はマンションで預かっていただきましたが2人まででした。災害など起きた時におんぶと抱っこで逃げられるようにと言っていました。また下の子は一軒家でしたので3人まで可能でした。更にお手伝いの方がいると預かる人数が増えます。概ね最大5人くらい?でしょうか。

 

給食のあるところ、ないところがありますので確認が必要です。上の子の場合はお弁当とおやつを持参しましたが果物などを頂くことも多々ありました。下の子の場合は給食を作ってくれています。私が作る食事より栄養満点です(笑)

 

幸いにも我が家の子供たちは食べ物のアレルギーはありませんが、アレルギー食については確認してみてくださいね!沢山外に連れ出してくれましたし運動会などの行事がないのが少し寂しいですが、子供本人は本当に楽しく通っていました。

 

もし気になったら「○○(自分の住む自治体)、保育ママ」で検索をかけてみてください。

 

まとめ

 

今回は私の体験をもとに提案をさせて頂きました。待機児童の問題はまだまだ続きそうですね。公立でも認可外保育施設でも子供たちが日々笑顔で過ごせればいいですね。

 

今回は、

■ 育休の延長■ 認証保育所、認可外保育施設(企業主導型保育施設)

■ 家庭福祉員(保育ママ)

についてお話をさせていただきました。
最後まで、お読みいただきありがとうございます!