インドネシア料理・ジャカルタ在住の日本人がおすすめの料理店とは?

 

皆様はインドネシアの世界的観光地バリ島にはどの様なイメージを持っていらっしゃるでしょうか?

 

自然が豊かで年間を通して気候が良い!
世界遺産や癒しのパワースポットがある!
神々の棲む島などが思い浮かぶと思われます。

 

そこでインドネシアのジャカルタ在住の日本人の友人がおすすめの格安インドネシア料理のお店を紹介します。

 

(お店のイメージです。)

 

ジャカルタ在住の日本人がおすすめ!のインドネシア料理店

 

近年物価の上昇が激しいバリ島ですが、インドネシア在住者として衛生面でも安心出来て観光客でも入りやすいか?などの不安も解消してしまう上300円程度で食べられる美味しい食堂の一つ、WARUNG(カジュアルな大衆向け食堂の意味)INDONESIA(ワルン・インドネシア)をご紹介してみたいと思いますので、バリ島にお越しの際には一度行かれてみてはいかがでしょうか?

 

 

インドネシア料理店「ワルン・インドネシア!」ガイドブック

 

【WARUNG INDONESIA ワルン・インドネシア】
アジア料理、インドネシア料理、ベジタリアン料理あり

 

・営業時間 日から土曜日 8時から0時まで
朝食・ランチ・ディナー・深夜営業

 

・住所・電話番号
JL. POPIES II GANG RONTA KUTA BALI INDONESIA +62-812-3811-1913

 

・HALAL(ハラ-ル・イスラム教料理のため豚肉料理はありません)

 

・レギャン通りからポピーズ2通りに入り左側の道路を曲がれば、軒下に下がった赤と白のインドネシアの国旗が目印のお店が見えてきますが、初めてバリ島を訪れる方には分かりにくいかもしれません。ですが、トリップアドバイザーやガイドブックなどでも紹介されている有名なお店ですので、行き方は簡単に調べることが出来ます。

 

(お店のイメージです。)

現地在住の日本人の友人がインドネシア料理店「ワルンインドネシア」をおすすめする理由とは?

 

・経営者の奥様が日本人ですので、衛生状態は勿論のことスタッフも教育されていてフレンドリーな対応をしてくれます。

 

バリ島という世界的観光地ゆえ、お店のスタッフは英語・日本語を話せるスタッフもおります。初めて行く日本人観光客でも安心して行く事が出来ますし一人でお店に行かれても全く問題無いですよ。

 

・ワルン(大衆食堂)と紹介した様に程よくローカルな雰囲気が感じられますが、お客様は日本人より欧州からの観光客が多いです。ベジタリアン料理もあるのと、衛生面に不安が無く低価格で本格的なインドネシア料理が食べられるからかもしれませんね。

 

・メニューはアラカルトとして海鮮料理や牛肉料理もありナシチャンプルよりは料金が多少高めですが、それでも殆どのメニューは150~400円程度で食べられます。安くて美味しいのも人気の理由の一つでしょう。

 

・バナナやパパイヤマンゴーなどのフレッシュジュースも80円からと安くこのジュースも濃厚なお味で美味しいです。

 

・低価格な料金設定ですからバリ島に長期滞在しても食費がそんなにかからないと言うメリットがありますので、私もバリ島に一ヶ月滞在の時は毎回行っている食堂です。

 

インドネシア料理店「ワルンインドネシア」のおすすめメニュー

 

私のお勧めメニューは、メニュー表から選んだMIE KUAH(ミークア・日本で言えばラーメンのようなインドネシアの麺)です。MIE KUAHと聞いてイメージが沸かなくても大丈夫、メニューに写真が載っていますし、言葉が分からなくても簡単にオーダー出来ます。

 

理由としましては、気候が良いとはいえ、やはり赤道直下の暑い国で滞在期間が決まっている観光の場合、1日の日程でいくつもの観光名所を巡るとなるとやはり疲れは出るものです。食欲が余り無い日もあるかもしれません。

 

その様な時に、ワルンインドネシアのミークアはお勧めです。鶏肉や卵、野菜も沢山入っている上、味付けが日本の塩ラーメンに似ておりほんのりバターの味がするスープなので、食欲が無くてもするっと食べられるからです。お値段も180円ほどです。

 

そして、もう一つのお勧めは、インドネシアの定番であるNASI CAMPURです。ガラスのショーケースの中の種類豊富なおかずの中からお好きな物を選んでご飯と一緒に食べるNASI(ナシ=ご飯)CAMPUR(チャンプル=混ぜる)。自分の好みのご飯をオーダーすると言う感じです。

 

おかずは全体的にマイルドな味付けになっていますので、お好みでサンバル(インドネシアの辛いソース)をつけて食べてみるのも美味しいですよ。

 

料金は選んだ分の料金が書かれているカードを渡されますので、お会計の時に出すだけです。

 

私は断酒中ですので、ビールの料金を失念してしまいましたが、調べたところによると、インドネシアの有名なBINTANG BEER(ビールビンタン)は小瓶、大瓶で違いますが、約170から280円です。ジャカルタでは同じビールが280から400円です。日本のビールの方が安いかもしれませんね。

 

バリ島豆知識

 

バリ島に訪れた観光客数は、2017年は565万人、2018年は1439万人で、国別に見てみると中国、オーストラリア、インド、イギリスに次いで第5位に日本からの観光客数24万人が入っています。

 

GWや夏・冬休みの短期滞在から、一ヶ月滞在する長期滞在者も多く、有名な観光場所の近くやそれ以外の地域にも長期滞在者用アパート(インドネシア語でKOSTコス)も数多くあります。

 

バリ島を含むインドネシアでは観光で入国する場合で尚且つ30間以内の滞在の場合は、パスポートの残存期間が6か月以上ある日本のパスポート所持者であればビザの取得は免除されています。

 

参考までに4月11日の時点での為替レートは、インドネシア10000IDR(インドネシアルピア)が79JPY(日本円)1000000IDRが7900JPYです(為替レートは日々変動しますので記事では、10000IDR=100円で書かせて頂きます)。

 

日本からバリ島に観光で来てみると物価が安いと感じるかと思います。勿論インドネシア人と同じ生活水準であれば安いでしょうが、日本人がある程度の生活を求めるとなると決して物価は安くは無いのです。

 

ホテルを含むバーやクラブ・レストランでは税金が(サービス税を含む)場所によって変わりますが15~21%かかる場所も多く存在しているからです。 21%と聞いて日本の消費税現在8%をどう思われますか?

 

まとめ

 

 

 

バリ島繁華街クタにありクタビーチからも徒歩10分他の観光名所に行ってクタに戻ってもすぐに行かれるほど立地条件が良いため、毎日沢山のお客様で賑わっています。

 

見たところお客様の回転は良いので待つという状態は少ないかもしれませんが、余り遅い時間になりますと料理の品数が少なくなるので出来たら夕方6時半までにはお店に行く事をお勧めします。

 

ワルンインドネシアのある場所の近くにはクラブやバーなども数多くありますので、ワルンで沢山食べて飲むのは違うバーでというのもバリ島クタでの夜のお楽しみの一つだと思います。

 

バリ島で素敵な休日をお過ごし下さいね。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!