子どもの日は男の子だけのお祝いなの?端午の節句と祝いの仕方とは?

 

 

 

5月の青空に天高く勇壮に泳ぐ「鯉のぼり」・・・は「子どもの日の象徴」ですね。

 

わたしも、甥っ子(おいっこ)つまり・・・(兄貴の息子)の大きな鯉のぼりが田舎の実家の庭先に泳いでいたのを
思い出しました。そして今は「超可愛い孫3人!」がみな男の子なので・・・5月5日の「こどもの日」は我が家では1年の中で一番重要な「イベント!」です。(笑)

 

そこで「子どもの日」は「男の子」ばかりが強調されるけれど?「女の子」はどうなんだろう?なんて疑問も湧いてきたので「子どもの日の由来」・「子どもの日の祝い方?」などを含めて調べてみました。

 

1.「子どもの日」って男の子だけ?のお祝いなの?そもそも・・・「子どもの日」って?

 

いいえ!子どもの日とは?「子どもの人格を重んじて、子どもの成長や幸せを願う日」とされていますので、もちろん男女に関係なく「女の子もお祝いしていい!」のです。

 

 

ほうら・・・小さな子どもは皆無邪気で可愛い!ですね。

 

そもそも、こどもの日とは?ご存知の通り毎年5月5日に行われる国民の祝日のひとつであり、その定義は「子どもの人格を重んじ、子どもの幸福をはかるとともに母に感謝する日!」とあります。

 

それでは・・・ここで「子どもの日」の歴史を紐解いてみましょう。

 

最初に結論をお話しますと・・・もともと子どもの日とは?「な、なんと女性が身を清めるための日」なのです。
いや~驚きましたね。(笑)では、その経緯をじっくりとお話させていただきますね。

「こどもの日」を遡っていくと、その起源は「古代の中国にぶち当たります。」なぜ?かと言うと・・・古代の中国では雨季の始まる5月は、病気や厄災の月とされていてお祓いが必要であるといわれていました。また月と日が重なるときには邪気を祓うために菖蒲(しょうぶ)でお祓いが行われていました。

 

一方我が国では田植えの時期である5月には「五月忌み」という行事が行われていましたが、田植えは「神聖な行事」であったために若くて清らかな女性がするものとされていて、女性たちが体を清めるための儀式でした。これら2つの行事が融合されることによって、田植えの前に女性が「菖蒲酒」で体を清めて邪気を払うという行事が始まりました。

 

これが「こどもの日」の始まりだった訳です。本当に調べてみないとわからないものですね。(笑)

 

ちなみに「こどもの日」は1948年に制定された「国民の祝日法」で、日本国民の子どもたちが健やかに育つことをねがって毎年5月5日が定められました。

 

2.「端午の節句」とは?

 

こどもの日」は、「端午の節句」とも言われますよね。端午の端は、端(はし)つまり「始まり」という意味です。

 

したがって「端午」とは、午(うま)の月の一番初め!という意味である。・・・昔は5月のことを午(うま)の月と呼んでいたのでその最初の午(うま)の日にしていたが、いつの間にか?午(ご)と五(ご)が同じ読み方のために5月5日を「端午の節句」としたようです。

「端午の節句」は、五節句のひとつであり、もともとは奈良時代に当時の中国から伝わってきた「風習」です。

先にもお話をさせていただきましたが、もともとは「女性が体を清める儀式」であった「こどもの日」でしたが鎌倉時代になると男が中心の世界となってきて武士の力が強くなってきました。そして武士の間では、葉の形が剣に似ているので「菖蒲」を飾ったり「菖蒲」は勝負!「尚武」という言葉にかけられて武士の間では、「菖蒲は縁起がいい!」とされ「菖蒲湯」で身を清めて鎧(よろい)や兜(かぶと)を飾る風習となり、いつの間にか「男の子を祝う儀式」と変わってきたのです。

 

3.「こどもの日」どうやって・・・お祝いするの?

 

■・・・鎧、兜、五月人形などを部屋に飾る。

■・・・両方の祖父母や、お祝いをしていただいた親戚、知人などを招いて食事会を行う。

本来ならば縁起の良い料理を「祝い膳」として振舞いますが、あまり難しく考えることはありません。伝統などを重んじて格式ばったお祝いの席を設けることも大切ですが、あまり形式ばったお祝いをしなくてもあくまでも子供の成長を喜び祝う気持ちが大事であると思います!

 

■・・・「子どもの日」の楽しい思い出を残すためにも、子どもと一緒に鯉のぼりや兜などを「折り紙」で工作してみて飾ってみる。

 

■・・・「子どもの日」の定番の食べ物は「ちまき」・「柏餅」です。

ちまき・・・元々中国から伝ってきたものであり厄除け、邪気払いの力があるといわれています。

柏餅・・・使用されている柏の葉っぱに「子孫繁栄」の願いが込められています。

 

 

4.まとめ

 

「子どもの日」は男の子のためだけのお祝いをする日ではなく、もちろん女の子の成長を祝って一緒にお祝いをしてあげましょう!

 

 

元々は「子どもの日」とは「女性が身を清めるための日」だったんですよ。

 

「こどもの日」は「端午の節句」ともいわれていますが・・・「端午」とは五月最初の午(うま)の日のことですが、いつの間にか午(ご)と五(ご)が同じ読み方のため5月5日「子どもの日」が「端午の節句」といわれるようになりました。

 

「子どもの日」には鎧、兜、五月人形などを部屋に飾って、お祝いをしていただいた両祖父母、親戚、知人などを招いて「食事会」を開いて子どもの成長を皆で祝ってあげましょう。

また「ちまき」や「柏餅」などを食べられるのも「こどもの日の楽しみ!」ですよね。

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!