「衣替え」の洗濯方法?収納術?断捨離?のコツ!をまとめて伝授!

「断捨離!」すっかりこの言葉も定着してきましたね。

皆さんはご存知かと思いますが「断捨離とは?不要なものを減らして生活に調和をもたらそうという考え方で「やましたひでこ」さんの著書にて発表されたものです。

 

まさに衣替えの機会に「断捨離!」を行うのは合理的ですね。

 

今回は衣替え時における断捨離!洗濯の仕方!収納術!についてお話をさせていただきます。

 

下記の記事も、良かったらご覧ください!

衣替え!2019時期とうまくやるコツ

衣替えでの「断捨離のコツ!」とは?

 

せっかくですから「衣替え」を行う時は同時に「断捨離」をしたいですね。

 

知らないうちに衣類はドンドン増えてしまいますね。1年前にはスペースがあったのに?と思っても、今年は入らないなんてことは良くありますからね。

 

そこで断捨離のコツ!です。

 

・ サイズの合わなくなっているもの

 1年以上着ていないもの

・ 自分のイメージに合わないもの

・ 汚れ・傷みが進んできたもの

特に1年以上着ていないものはこれから先も着ない?可能性が高いです。でも現実的には「もったいない?」気がしてわたくしもナカナカ断捨離できません。(笑)

 

もっとも、収納のスペースやら手間暇を考えたら捨ててスッキリした方が気持ちも楽になるはずです。

 

衣替えでの「洗濯の仕方」とは?

 

「衣替え」で収納する衣類は、一度念入りに洗濯をしておきましょう!

 

たとえ洗ったとしても、黄ばんでいることもありますよね。これは見えない汗や皮脂が変色してしまうのが原因!です。

 

また特に大事な衣類は、一度クリーニングに出したほうが黄ばみの心配?もなくなるのでおすすめです。

 

衣替えでの「収納のコツ」とは?

 

クローゼットや押入れなどのスペースって、すぐになくなってしまいますよね。面倒だからと手抜き?をしていると益々収納スペースが足りなくなってしまいます。

 

それでは「衣替えの収納のコツ」を「棚の上」「棚の真ん中」「棚の下」に分けてお話させていただきます。

 

棚の上の収納

 

クローゼットの上に棚がついている時は布製の衣装ケースがおすすめ!です。

 

クローゼットの上段は湿気が溜まりにくいので布製の衣装ケースでもカビは生えにくいです。またプラスチック製のケースは重くなってしまうので棚から取り出す時に危険です。そのてん布製ならば軽いので安全です。

 

棚の真ん中

 

棚の真ん中にハンガーパイプがあれば、かけたまま収納出来るスーツやシャツ・コートなどシワになりやすいものを収納した方が畳んでいれるより手間かからず保管が楽ちんですよ。(笑)

 

 

またハンガーパイプがない場合は「突っ張り棒」などを利用して工夫をしてください。

 

棚の下

 

棚の下には「衣装ケース」を利用しましょう。

 

引き出し式の衣装ケースならば、中の衣類をすぐに取り出せるので気温の変化が激しい春などは助かります。ちなみに収納ケースに入れる場合はキツキツ?にしないで2割ぐらいの余裕を持たせたほうがシワになりにくいです。

 

どうしてもパンパンになってしまう時はシワになっても戻しやすいジーパンやTシャツなどを入れておくといいでしょう。

 

まとめ

 

「衣替え」にあわせて断捨離!をしましょう。

断捨離のコツは

・ サイズの合わなくなっているもの

・ 1年以上着ていないもの

・ 自分のイメージに合わないもの

・ 汚れ・傷みの進んできたもの

 

「衣替え」の際には一度念入りに洗濯をしておきましょう!

 

「衣替え」の収納のコツは棚の上段・真ん中・棚の下それぞれの特性を活かした使い方をして効率的に収納しましょう!

 

以上のコツを活かして今年は快適な「衣替え」を実践してくださいね!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます。