お歳暮・喪中の時はどうする?贈る人・贈られた人・各自の対応は?

 

 

 

先日永年の親友の悲報を知り、まだショックが抜けきれません。その親友とは毎年「お歳暮を贈り合う仲」でしたので・・・(涙)

 

そこで「喪中の時」はお歳暮を贈ってもいいのだろうか?と疑問が浮かんできました。早速「喪中の時のお歳暮」について知り合いの「葬儀相談員」に聞いてきました。

ご参考にしていただければ幸いです。

 

1.「お歳暮・相手方が、喪中の時はどうする?」
贈る人の対応は?

本来、お歳暮は「日頃お世話になった方へのお礼」でありお祝い事ではありませんから先方が
喪中の時にお歳暮を贈っても一向に差し支えありません!

 

また自分(お歳暮を贈る側)が喪中の時でも別に相手方に不幸があったわけではないので普段どおりにお歳暮を贈っても問題ありません!

 

ただし紅白の水引はかけないで「無地の短冊」若しくは「白無地の奉書紙」で表書きは「お歳暮」とします。

 

お歳暮の「のし」・「のし紙」についてはこちらをご覧ください

 

お歳暮の「のし」・「のし紙」の書き方マナー

 

2.贈る相手先が「喪中の時の注意点とは?」

 

贈り先に不幸があったばかりで四十九日も明けていないような場合には忌明け後(四十九日以降)に贈ります。

 

ただし忌明け後まで待っているとお歳暮の時期を逸してしまう時は「松の内」(一般的には1月7日まで。地域によっては1月15日まで。)が明けてから「寒中見舞い」として贈ります。

 

 

 

がしかし・・・人によっては、「死を穢れ?」と考えて喪中の人からの贈り物を気にする人もいます。その場合にもやはり四十九日を過ぎてから水引をかけないで贈ります。

 

3.「喪中の時のお歳暮」で特に注意が必要なことは?

前項にも書かせていただきましたが、特に注意すべきは「のし」です。

 

最近はお歳暮に「通信販売」や「テレビショッピング」を利用する人が大部増えてきましたね。またデパート・スーパーの「お歳暮コーナー」などで注文する時には黙っていると「紅白の水引」がかかってしまいます。

 

この状態は喪中の時にはふさわしくない!ので注文する際にはお歳暮を白紙で無地の「のし」か奉書紙(白い紙)に変えてもらうよう忘れないで伝えてくださいね。

 

4.自分が喪中の時に、お歳暮が贈られてきた時は、どうしたらいいのだろうか?

 

もし喪中の時に、先方からお歳暮が贈られてきたら遠慮なく受け取ってもまったく問題はありません!

 

もちろん、お歳暮をいただいたら「通常のお歳暮をいただいた時と同じように」できるだけ早くお礼状を出すようにします。

 

お歳暮のお礼状に関してはこちらの記事をご覧ください。

 

お歳暮・お礼状のマナーと書き方!

 

5.まとめ

今までの内容に関して、まとめさせていただきます。

 

1・・・「お歳暮・相手方が喪中の時はどうする?」贈る人の対応は?

お歳暮を贈る相手方が喪中の時であっても、お歳暮を贈っても一向に構いません!

 

2・・・贈る相手先が「喪中の時の注意点とは?」

贈る相手先に不幸があったばかりで「四十九日」も明けていないような場合は、忌明け後(四十九日以降)に贈ります。

 

3・・・「喪中の時のお歳暮」で特に注意が必要なことは?

「喪中の時のお歳暮」には特に「のし」に注意をしてください。

4・・・自分が喪中の時に「お歳暮が贈られてきた時はどうしたらいいのだろうか?

遠慮なく相手方の気持ちを受け取っても大丈夫ですよ。ただし速やかに「お礼状」を出すのがマナーです。

 

やはり、今年1年の感謝の気持ちを伝える「お歳暮を贈り、贈られる風習は大事にしていきたい!」ものですね。

 

お歳暮を贈る時期、その意味についてはこちらをご覧ください。

お歳暮の時期はいつ!お歳暮の意味とは?

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!

 

こちらのお歳暮関連記事もご覧ください!

お歳暮の「お返しは?どうする?

 

お歳暮「人気ランキングベスト5!」

 

缶入り特撰芋けんぴ