落し物をしたらどうする?逆に落とし物を拾ったらどうする?体験談も

 

皆さんも一度は経験がある?のではないでしょうか。貴重品含めて何か大切にしていたものを落としてしまったこと。特に財布や携帯などを落とすと生活が不便になってしまいますよね。

 

 

今回はそんな落し物について・・・自分の体験談も含めてお話をしていきます!

 

 

財布を落としてしまった!まず何をしたらいいのか?

 

落として困るもの第1位!と言っても過言ではないでしょう。皆さんお財布には現金以外に他は何を入れていますか?

 

私は健康保険証・銀行のキャッシュカード・クレジットカード・その他ポイントカードなどを入れていますが同じような人は多いと思います。あ、あと免許証でしょうか。(私は免許を持っていないので入っていませんが)

 

 

落としたことに気付いた時「まずどこで落としたんだろう?」とあせって考えてしまいますよね。それが例えば家の中や自家用車の中など盗まれたり拾われたりする心配のない場所であれば少し安心でしょうが、それ以外の場所の場合は大変です。

 

道路の可能性?でも店舗の可能性?でも財布がないと気付いたらすぐに銀行のキャッシュカードやクレジットカードは利用停止!の手続きをしてください!そして道路で落とした可能性が高い場合はすぐ警察署の届けましょう。できれば落とした可能性が高い場所の近くの方が見つかる可能性が高いです。

 

 

警察署で財布を落としたと申し出ると遺失届を書くことになります。どんな色や柄の財布なのか?中身には何が入っていたのか?現金はいくらぐらい入っていたのか?…などなるべく詳細を記載することになります。その場で届いているのか?どうか?を確認してくれます。また警視庁のホームページからも預かっている落し物を検索することが可能です。

 

 

公共の交通機関や店舗の中などで落とした可能性が高い場合は、まず総合窓口に問い合わせるとすぐ見つかるかもしれません。ただ半日以上たっていると既に警察に届けられている場合があります。そうです。店舗の中などで落とした場合は店員が金庫などで一時的に預かりはしますが、1日以上問い合わせがない場合は最終的には警察に届けることになります。

 

ポイントカードなどがある店舗で連絡先をポイントカードを作る際に店舗にも知らせている場合は警察に届ける前に本人に連絡をとってくれる店もあります。またショッピングセンターなど沢山の店が入っている商業施設なんかはいわゆる「サービスカウンター」に店舗スタッフは届けますので、そういった場所では施設の総合窓口に問い合わせした方が早いかもしれません。(店舗スタッフに聞いても結局は総合窓口に問い合わせますので…)

 

 

ただ財布を警察にしろ店舗にしろ引き取る場合にも間違えて返すわけにもいきませんので、財布に入れていなかった身分証明書などがあれば引き取りに時間はかからないかもしれません!

 

 

私も数年前に財布を路上で落としたことがあります。そのまま気付かず帰宅してしまい財布がないことに気付いたのはなんと翌日でした(笑)急いでカード類をストップして警察へ行ったところ既に届けられていて、そのまま管轄の警察署に引き取りに行きました。その際に言われことが「何か身分証明書ってありますか?」でした。

 

 

しかし免許証もなく保険証などは全て財布の中のことを説明したところ名前の漢字や生年月日等を聞かれ中に入っていた保険証と照らし合わせてくれ更に財布のブランドや色や柄なども細かく答えたところ返してもらえました。拾った人の名前や住所は教えてもらえませんでしたが、どのへんで何時頃に男性(女性)が拾ってくれましたとだけ教えてくれました。(現金も無事でした。なぜか現金だけは封筒に別で保管されていたのか封筒で渡されました…。笑

 

身分証明書が財布以外に入っていれば確実に返してもらえると思いますが財布の中だという人も多いでしょう。警視庁のホームページにも遺失物の引き取りには身分証明書と記載がありますがもし私と同じパターンの人は引き取りに行く前に電話などで確認した方が良いと思います!

 

財布などを拾った!交番に届けたら何を聞かれるのか?

 

今度は財布などを拾った場合です。
店舗の中など公共の場であればそこのスタッフに届けることが1番です。

 

路上で拾った場合は近くの警察署などに届けますよね。
実は先日私も子供達といる時に財布を拾いました!道のど真ん中に落ちていて夜で暗かったこともあり本当に財布なのか?と目を疑いました(笑)その時の体験談をお話します!

 

実際に路上で財布を拾ったケース

財布を拾った後はそのまま近くに交番があったので、すぐに届けに行きました。実は拾った時に財布は半分開いていてカード類も少し出ていたんです。なので正直現金は抜かれてしまってるかも…と思いつつ、そのまま出ていたカードだけ財布の中に入れて中身は全く見ずに届けました。

 

 

交番ではまず現金がいくら入っているかを一緒に確認して下さいと言われお巡りさんは遠慮しながらも中を見ていました。免許証も見て男性なのか?女性なのか?程度は見ていましたが住所などは確認はしていませんでした。純粋に現金だけ探していました。拾った財布は現金も無事でいくらか入っていました。その後メモ書きで私の名前・住所・電話番号を書きましたが、よく言う「拾った人にももらえる何割か権利が発生する。」ですが・・・これを「放棄するのかどうするか?」と「持ち主に戻った場合持ち主に拾った私の名前等を知らせるか?」と聞かれました。

 

お巡りさんの話によると、ほとんどの人がもらえる権利は放棄して持ち主にも自分のことは知らせていないようでしたし私もそうしました。お巡りさんも持ち主がどんな人か分からないし個人情報なので知らせない人が多いと言っていました。この2点については書類にチェックを入れて署名をしました。(逆を選ぶ場合とその欄にチェックを入れて署名をするのだと思います。)

 

その次にどこで拾ったのか?を細かく聞かれました。住所で入れていたので大体の番地までの住所が分かれば早いかもしれません。あとは持ち主から上記で話したように問い合わせがあれば持ち主の元に戻るのでしょう。もしかしたら私の時と同じようにこのへんに落ちていた、女性が拾ったくらいはあったのかもしれません。その後特に連絡はありません。無事に戻っているといいなぁと子供達と話しています。(なくしたことに気付いたら、すぐに警察に届けていると思いますが)

 

 

貴重品以外は何を届けていいのだろうか?

 

私は個人情報が入っているものはすぐに警察に届けた方が良いと考えていました。財布、携帯、定期入れなど。あと鍵関係も届けた方が良いと考えていましたが、実際に鍵を落とした経験もありますが、警察に届けを出したことはありません…自転車の鍵ならまだしも自宅の鍵なんかは、警察に届けておけば見つかったかもしれませんね。

 

 

警視庁のホームページで調べることができる「落し物検索。」
その中には、もちろん財布・携帯・定期入れ・鍵などの他にもカメラや時計・書類・傘など様々なジャンルで検索が可能です。つまりこれらも少なくとも届けられていることがあるということですね。

 

私も先日傘を落としていまいました。(自転車の後ろに乗せていて落としてしまったようです…)それを探していて財布を拾ったのですが、子供が「ママも傘を落としたんす!」と言ったことをきっかけに遺失届を出してきました。

 

「高級ブランドの傘というわけでないんですけど買ったばかりなので悔しくて探してた程度なんですが、いいんですか?」と聞いたらお巡りさんいわく確かに傘は落ちていた近くの壁やフェンスにかけておく人が多いが届けてくれる人もいるとのことでした。
(結局私の傘に該当するものは届けられていなかったのですが)

 

その際にも連絡先と色や柄、持ち手の色など特徴を細かに書いてきました。細かければ細かいほど特定がしやすいそうです。遺失物届を出した後は控えをもらいました。番号が記載してありおそらく登録した番号で見つかった場合もこの番号で記録されていくのだと思います。

 

ちなみに落し物は拾った日から3ヶ月だけ保管と期限がありますので、なるべく早く問い合わせた方が良いです。

 

まとめ

 

今回は落し物についてお話しました。貴重品を道で拾って交番に届けるという、ありそうでなかなか体験できないことを子供と一緒に体験できたことは良かったと思います。傘はまだ出てきていませんが、何か落とした時は交番に行くんだ!ということも小学生の子供は学んだようでした。

 

落し物を拾った時は

■落とし物を拾った場所
■自分の連絡先
■拾ったことで発生する貰える権利を放棄するか
■持ち主に自分の連絡先等を教えるかを聞かれます!

何か落としたら
■不正利用を防ぐためにカード等を止める
■落とした場所が店舗などであれば、まず問い合わせをする
■最寄りの警察署に行き落としたものを細かに伝えて遺失届を出す!

 

本当は何も落とさないことが1番ですが・・・なかなか難しいですよね。保管期限は3ヶ月です。気をつけて下さいね!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!