親への挨拶・絶対に失敗しない!結婚申し入れのマナーとは?

 

 

「よおし!彼女と結婚しよう!」と決断したのはいいけれど「相手の両親に挨拶をするまで」はクリアーすべき課題も、たくさんあります。

 

わたくしも40数年前?に「今の奥さんのご両親に挨拶をしたはず?と思いますが」正直まったく覚えていません。(笑い)今考えてみますと「それほど大事なこと!」なのにまったく何も考えないで挨拶に行ったのだと思います。(汗)

 

そこで・・・今まさに「結婚相手の親への挨拶!」を考えているあなた!「絶対に失敗しない親への挨拶!」の仕方を学んでいきましょう。

 

 

1.親への挨拶!「この相手なら大丈夫!」と相手の心に響く「ケジメ」とは?

 

結婚は・・・人生の大事な門出です。とにかく「ケジメをつける!」これが最も大事な「基本!」です。だらしなくグズグズ?とハッキリしないのは、相手の親に最も嫌われてしまいます。

 

【相手の親へ報告をするというケジメ!】

結婚するという「当事者同士の意志が確認が出来た」といっても、婚約が100%成立するわけではありません!

 

「もう大人なんだから・・・自分たちだけで結婚が決められる?!」という考え方もわかりますが・・・やはりお互いに親がいる以上そう簡単にはいきません。

また実際の結婚に至る現在の結婚事情を考えると結婚費用は「親がそのほとんどを負担している」のは、紛れもない事実です。このように考えると当然「親の意志を無視!するわけにはいきませんよね。」

ですから・・・上手に結婚を親に認めてもらう必要がありますが、親に納得してもらうためには「ケジメをつける!」ことが最も大事です。「ケジメをつける!」といっても何も難しいことではありません。

それは・・・相手の親への「あいさつ!」です。「結婚したい!とハッキリ」意思表示をすればいいのです!たとえそれまでにお互いの家を訪れていて、親も公認?の間柄であっても「結婚したい!」という意思表示は絶対に必要です。

 

ここで、わたくしの失敗談?をお聞きください。

実は・・・今の奥さんと知り合う前に「結婚を前提!」にしておつきあいをしていた彼女がいました。両方の親も公認で「当然結婚出来る!」と思っていましたが、ちゃんとした「ケジメをつけなかったため!」に彼女とは、別れてしまいました。(涙)青春時代の?苦い思い出です。

2.親への挨拶!「親への挨拶・根回しはこうする!」

 

二人の間で結婚を決めたらすぐに親に報告する。これ「正解」だと思いますか?ビビ~! ✖です。(笑)

 

二人の間で結婚をきめたら必ず事前の「根回し!」が必要です。

その「根回し」のやり方ですが・・・例えば「それとなく現在恋愛進行中であることを親に話しておいたり」・「交際相手の長所をアッピールしたり」・「親に写真を見せたり」しておくのです。こうすれば・・・親も当然「ピーン」ときますか「実は・・・結婚について彼(彼女)を紹介したい!」と切り出せばOKです。

この「根回し」は女性の親(特に父親)に対しては絶対に!絶対に!必要ですから、男性読者の皆さんは良~く頭に入れておいてくださいね。(笑)

3.「男性」が「女性の親」に挨拶するときの注意点とは?

 

「親への挨拶」は、まず「男性側から女性の親に挨拶する」のが一般的です。

場所の設定については「ホテルなどにすると余計な緊張につつまれてしまう?」ので「自宅で食事でも?という形」にした方が良いかと思います。

少し前でしたら「お嬢さんを是非いただきたい・・・」が定番?でしたが(笑)これは女性をモノ扱い?しているみたいで相手の親からすれば、あまりいいものではありません。

もっとストレートに「この度わたくしたちは結婚を決意いたしました。今日はぜひお許しをいただきたく、ご報告に参りました!」と二人そろって正座をして申し述べましょう。

4.「女性」が「男性の親」に挨拶するときの注意点とは?

 

男性にとって女性の父親が「手強い?」ように女性にとっては「男性の母親が最大?の壁」です。(笑)

 

一番気をつけなければいけないのは「服装・メイク・ヘアスタイルが派手め!」にならないこと。やはり「清潔感!」が一番のポイント!です。また事前に、母親の趣味、考え方などを聞いておき「相手の母親の好みに合わせる!」のが無難です。

 

ちなみに・・・相手の家では女性は「よろしくお願いいたします!」ぐらいで、男性を差し置いてしゃべってはいけません!

 

 

5.まとめ

 

では・・・結婚をきめて「お互いの両親に挨拶する時」の気をつけるべきポイント!について、詳しくお話をさせていただきましたがここで簡単にまとめてみます。

■・・・「この相手なら大丈夫!」と相手の親の心に響かせるためには「結婚させてください!」とはっきりした意思表示をして「ケジメをつける!」ことです。

■・・・二人の間で結婚を決めたら、親への挨拶をする前に「必ず根回し!」をしっかりとしてください。

■・・・相手の親を攻略?する場合、男性は「女性の父親」逆に女性は「男性の母親」に特に注意をはらってくださいね。

 

わたくしの「苦い経験?」を反面教師としてせっかく見つけた「意中の人!」と無事に結婚まで「ゴールインできるよう!」特に「親への挨拶!」は極めて重要な儀式?です。あなたの成功を心より祈っています!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!