サブスクリプション!飲食店の定額制!そのメリット?デメリット?

以前からフィットネスクラブやDVD・漫画のレンタルそして音楽、映像の配信サービスなどは
毎月決まった金額を払えば何度でも使える「定額制」が今や当たり前!?となっていますね。

 

そんな中でここ数年、飲食店でも「定額制」を取り入れている店舗がどんどん増えているのを
ご存知でしょうか?

 

そこで・・・果たして?飲食店の「定額制」は儲かっているのか?もちろん儲かっているからこそ「定額制」を導入する店舗がふえているんでしょうが・・・

 

そこで、飲食店の「定額制」は果たして儲かるのか?調べてみましたよ。

 

1.サブスクリプションサービスとは?

「サブスクリプション」サービスを調べてみると「提供するサービスや商品の数量ではなく
利用する期間に応じてその対価を支払う方式のこと!」とあり多くの場合は「定額制」
同じ意味で使われているようです。

 

「サブスクリプション」は、もともと雑誌などの定期購読を意味してビジネス上では
「定額」を表す言葉として使われていることが多いですね。

 

そして・・・飲食店における「定額制」を初めて取り入れたのが、かの有名な「はなまるうどん」だといわれています。つい最近「はなまるうどん」の前を車で通りましたが以前、店頭にひらめいていた幟旗がなかった?ので店員さんに聞いてみたところ、季節限定の企画ということで今の時期はやっていないが・・・その「定額制」は時期が来れば実施するそうです。ちなみに「はなまるうどん天ぷら定期券」と称して・・・2017年に全国の店舗で約14万枚が発行されたそうです。

 

ところで・・・この「サブスクリプション」のメリットは?導入する店舗にとって果してどこにあるのでしょうか?それについて調べてみました。

2.サブスクリプションサービスのメリットは?

a・・・常連客の囲い込みが優位に出来るため競合店舗に対して優位に立てる。

会員はよりお得に利用しようという心理が働くため、何回も店に通って来るため
店の利用頻度が増しそのため店の存在感が高くなります

B・・・お客は気軽に使用できるため利用頻度が上がる。

特に昼休みなどに多く利用される形態の店舗では昼休み時間に制約のあるサラリーマンなどは
カードを提示するだけでイチイチ小銭の出し入れが不要のためその利便性は大きい

c・・・会員が広告塔?になって他の客を店に連れて来る。

特に居酒屋やレストランは複数利用が当たり前?なので知人・友人を連れて来る。そして
いわゆる口コミの宣伝は一番の効果が得られるため会員だけでは赤字?でも広告宣伝費と考えればメリットがあると言える。

d・・・一人あたりの客単価は意外と下がらない。

「定額制」のカードを使用するため客はいつもとは違う?値段の高いものを注文する可能性があり客単価は思ったより安くならない。

 

e・・・生きた顧客のリストを集められる。

どの業種の飲食店にとっても「顧客リストを充実させるのは大きな課題である。そして何らかのキャンペーンを実施する時により多くの人にその情報を届けられるか?かが成功の鍵を握っているので定額会員は・・・住所、氏名、年齢、メールアドレスや電話番号などの顧客情報を集めるためのベストの手段であると言えよう。

 

ただ、メリットがあれば当然ながらデメリットもあるわけです。

 

3.サブスクリプションサービスのデメリットとは?

a・・・食べ放題・定額制だからといって、質を下げてしまうと顧客満足度を低下させてしま
    い結局客足を遠ざけてしまう。

最近のお客さんは舌も肥えているし、価格に対しての満足度に対して非常に敏感です。一度
お客を逃してしまうともう戻って来てはくれません!から最大の注意が必要です。

b・・・お客に飽きられてしまったら終わり?

お客さんに提供するサービスに対して飽きられてしまう?と解約されてしまうリスクが大きくなるので常にサービス内容の進化の必要性に迫られます。

c・・・利用者が増えると原価が上がってしまい、またスタッフを増やさなければいけない等
    の人件費の割合も増える。

 

4.実際に「定額制」を取り入れたら・・・?

「定額制」で、有名なのが関東で16店舗を展開する「野郎ラーメン」です。

 

2017年の11月からスタートして、アプリの画面を提示すれば3種類のメニューの
中から1日1杯限定ながら月額8600円で食べられるサービスを提供している。運営会社に
よると、もともとは常連客に喜んでもらうために導入したとのことで3種類の1番安いメニューの「豚骨野郎」でも1ヶ月でも3杯食べれば元が取れるということで、かなりの人気を呼んでいてラーメンでの「定額制」の珍しさからメディアが取り上げてくれることで認知度がアップしたり利用客がSNSで発信してくれたりで事実秋葉原店の来店客は前年比130%ということですから「定額制」の導入は効果があったと思われます。

 

5.まとめ

以上のように、お店によっては入会待ちのお客さんが待っている状況でかなりの人気を博しているようです。また災害などで店の営業ができなくても売上が上がることやキャッシュレス化でレジ業務が円滑に行えるなどのメリットもありますが、前述のようにデメリットも当然あるわけですから経営者の皆様は慎重に検討をしたうえで導入するか?しないか?の判断をしていただきたいと思います。

 

それでは・・・最後まで・・・お読みいただきありがとうございます!