池江璃花子 急性白血病の原因とは?完治の可能性についても

「池江璃花子 ツイッターで自身の白血病を告白!」のニュースには驚きましたね。

 

昨年のジャカルタアジア大会で個人4種目を含む計8種目に出場して6冠を達成した「鉄人!池江璃花子」の活躍には日本中が大いに盛り上がりました!また今まで日本競泳界では劣勢といわれていた「自由形」と「バタフライ」で池江璃花子は日本記録を次々と更新しています。

 

その「池江璃花子の急性白血病の告白」は大きなショックですが・・・

・果たして急性白血病の原因は何か?

・完治の可能性はあるのか?

・池江璃花子の母親「池江美由紀さん」の現在は?

あなたの疑問にお答えします。

池江璃花子 急性白血病の原因とは?

「急性骨髄性白血病(AML)」の原因は不明ですが、白血病は遺伝性の疾患ではありませんしウイルスの関与は明らかにはなっていません。

 

一方「急性リンパ性白血病」には、ウイルスが原因で発症するものもありますが、いずれにせよ原因は不明です。

「急性白血病」の完治の可能性は?

かつては「不治の病」と言われていた白血病ですが、現在では研究開発が進んで来ているため治る可能性の高い病気になりつつあります。

 

いわゆる「血液のガン」といわれ、固形ガンのように外科手術では切除は出来ないため抗がん剤治療がメインとなりますがその副作用は大きいです。

 

国立ガン研究センターによると、白血病の患者数は年間約1万人ぐらいです。異常な白血病細胞が増殖するため、これを抑えることが治療の主な目的になりますが、進行が早い急性の場合は入院して抗がん剤の点滴投与をします。

 

「急性白血病は若年層に多いガンの代表」であるが、約70~80%の患者は抗がん剤治療で白血病細胞の消える「完全寛解」の状態になる。その後も抗がん剤治療を継続することで約30%~40%は完治が可能です。

 

したがって池江璃花子の白血病完治の可能性はかなり高いということです。

 

池江璃花子の一日も早い完治を祈っています!

池江璃花子の母親「池江美由紀さん」の現在は?

 

池江璃花子の母親「池江美由紀さん」は、EQWELチャイルドアカデミー本八幡教室の代表を努めておられます!いわゆる「幼児教育の専門家!」です。

 

池江美由紀さんは「自分のこどもを通わせたい!」「自分が楽しく子育てが出来るような教室!」を作りたいという理念のもと平成7年に教室をスタートさせ「雲梯(うんてい)」を取り入れて池江璃花子さんを育てられたということです!

 

池江美由紀さんによると子供は小さいうちから体を動かすことによって脳にたくさんの刺激が送り込まれるようです。そのために家の新築を機会に自宅に「雲梯(うんてい)」を取り付けたそうです。

 

そして・・・璃花子さんは小さい頃から遊び相手は「雲梯」というくらいに毎日毎日「雲梯」に触れて育ったということでドンドン練習をした結果相当早いスピードで雲梯の能力を発揮していったそうです。

 

3人の兄弟の末っ子である璃花子さんは兄、姉の影響を受けて3歳ぐらいから水泳を始めたそうですがやはり「雲梯」でのぶら下がりがその後に良い影響を与えていたのだと思います。

 

5歳の時には4泳法で50メートルを泳いでいたということですから、当時から人並み以上の能力を発揮していたということでしょうね。

母親「美由紀さんの教育方針!」によってだんだんと母親の教えを理解して目上の人を敬うこともわかってきて先輩スイマーからも愛されている池江璃花子!絶対に「白血病に打ち勝って!」東京オリンピックでの金メダルを期待しています。

 

「池江璃花子の白血病は完全に治る病気です!」

頑張れ!池江璃花子!

最後まで、お読みいただきありがとうございます!