金足農!準優勝!中泉一豊監督!個人プロフィールとその経歴は?

 

連日の熱戦を続けている夏の高校野球第100回記念大会も、いよいよ今日8月21日が決勝戦ですね。

 

史上初の2度目の春夏連覇をめざす超強豪!大阪桐蔭(北大阪)と秋田県勢103年ぶりの決勝に挑む金足農(秋田)の闘いは今からワクワクしてきますね。

 

私は、勢いにのる「金足農」!の勝利を期待していますが・・・読者の皆さまはいかがでしょうか?何れにせよ球史に残る熱戦が楽しみです!

 

ところで・・・「金足農!大躍進!」の最大の功労者は投手吉田輝星のピッチングによるところは勿論ですが、中泉一豊監督の手腕によるところ「大!」であると思っていますがその「中泉監督」について調べてみましたよ。

 

1.1989年(平成元年)金足農のスーパー2年生

 

 

■・・・氏名 中泉一豊(なかいずみ かずとよ)

■・・・生まれた年  1973年(昭和48年)  45歳

■・・・出身地 秋田県

■・・・出身高校  秋田県立金足農業高等学校 (同校のOBだったんですね。)

■・・・出身大学  青山学院大学(1993年 全日本大学野球選手権大会優勝)

■・・・甲子園出場経験 1990年春の選抜初戦で柳ヶ浦高校(大分県)に惜しくも敗れる

■・・・ご家族など・・・現在詳しい情報はわかりませんが、野球監督業そのものにはまったく?関係ありませんので深く詮索するのは控えたい!と思います。

■・・・現役時代のあだ名  「タイソン!?」

■・・・ポジション  外野手

 

2.中泉一豊監督の経歴は?

秋田商業高校野球部 コーチ(甲子園出場18回を誇る秋田県の強豪校)

五城高校野球部 監督

2015年より金足農業高校野球部 監督就任
2018年、今年就任後初の甲子園出場を果たす。(金足農は今回で6回目の出場)

 

やはり・・・就任4年目にして初の甲子園出場!そして決勝戦進出やはりその監督としての
手腕、実力は素晴らしいもの!がありますね。

現在、金足農業高校 環境土木科で測量などの指導をしておられるようです。

 

3.勝利インタビューでの「秋田弁なまり?」が話題

「えがったな。」「えがった!えがった!」の中泉監督の「秋田なまり?」は
最高~~~~~~ですね!

 

やはり・・・純朴な中泉監督の素晴らしい一面を垣間見ることが出来ますね。

 

特に準々決勝での「いやあ~・・・興奮したっていうか?血が湧きましたね~!」のインタビューは非常にインパクトがありましたね。

 

4.まとめ

金足農!大躍進の立役者「中泉一豊監督」

・2015年母校、金足農業高校野球部監督に就任して今回初の甲子園出場で決勝戦進出

・1973年生まれ   45歳

・青山学院大学卒業後 秋田商業高校野球部コーチ、五城高校野球部監督を経て2015年
金足農業高校野球部の監督に就任

・そして・・・勝利後のインタビューでの「秋田なまり?」丸出しの純朴さが話題に!

 

そんな金足農の中泉一豊監督の一面を紹介させていただきましたが・・・
そんな中泉監督は、声を出すこと!を一番大事にしているそうです!

だからこそ勝利後の校歌斉唱で選手たちが「全力で唄う!」姿勢につながっているんでしょうね。

今日の決勝戦では・・・超強豪の大阪桐蔭を撃破して秋田県に真紅の大優勝旗を持ち帰ってほしいものですね!

 

 

 

心から応援していますよ!

 

最後まで・・・お読みいただきありがとうございます!