雨の日の洗濯物の乾かし方!最強の3つの裏技を徹底的に伝授!

 

 

 

 

うっとうしい雨の日の洗濯物を乾かす作業は大変ですよね。

 

 

我が家も新生児を含めて3人の孫ちゃんに囲まれていますから、その洗濯物の量は・・・半端ない!です。(笑)現在は乾燥機付きの洗濯機などがあるために雨の日でも洗濯物は乾かせますが、やはりサンサンの太陽をいっぱいに浴びた洗濯物は全然違いますからね!

 

最近は、室内干し?をしても洗濯物のあの特有なニオイ?が感じにくい洗剤も出ていますが、やはり洗濯物は太陽で乾かすのが・・・王道ですね!

 

 

 

 

そこで・・・雨の日の洗濯物を乾かすのに困っている?娘のためにも「雨の日でも困らない?洗濯物の乾かし方」についていろいろと調べてみました。

 

1.洗濯物を乾かす3つの大きなポイントとは?

 

洗濯物が乾くためには「3つの大きなポイント」があるのはご存知でしょうか?

 

その「3つの大きなポイント」とは?

①・・・気温

②・・・風

③・・・湿度

 

では・・・1つずつ説明していきましょう。

 

まずは①の気温ですが夏のように気温が高いほど早く乾きます。

 

そして②の風ですが風通しが良いほど湿ってしまった風が、循環しやすくなるため乾きやすくなります。

 

また③の湿度ですが湿度が低くなってカラッとしているほど乾きは早くなります。

 

これらの洗濯物を早く乾かすための3つの条件を満たせば、雨の日でも洗濯物を早く乾かすことが出来ます!よ。

 

 

 

家の中を見回して見てください。

 

雨の日にどこに干したらいいのだろうか?

そのような時は上記の3つのポイント「気温! 風! 湿度!」のバランスを良く考えて最も相応しい場所を選んでくださいね。

 

 

2.雨の日に洗濯物を早く乾かすためには・・・
どうしたらいいの?

その答えは・・・「簡単!」ですよ。

 

上記の「洗濯物が早く乾く3つのポイント」を思い出してください!

 

「雨の日の洗濯物を干す場所を3つのポイントになるべく近づけてやる!」たったのそれだけです!

 

①・・・気温ポイントの対策

・基本的には暖房器具などを活用して部屋の温度を高める必要がありますが我が家では
小さな孫ちゃんもいますのであまり活用はしてないんですよ。(笑)

 

②・・・風ポイントの対策

・洗濯物を干す時は洗濯物の間隔を広くとって風通しを良くする。

(洗濯物の間隔は出来れば15cmは確保したいですね。
最低でも10cmは開けてくださいね。)
やはり空気の流れる間隔が広ければ広いほど良く乾きます。

 

・洗濯物は全て裏返しにして干す。
(洋服の縫い目などは生地が重なり合っているために水分が溜まりやすいため)

 

・扇風機の風を下からあてる!(風通しを良くするためにはベスト!な方法です。)

 

 

 

 

 

③・・・湿度ポイントの対策

それでなくても雨の日は部屋の中がムシムシ、ジメジメ?嫌ですよね。ですからなるべくならば部屋の中には干したくはないですよね。

 

そんな時はお風呂場に干すのがオススメです!お風呂は普段から湿気の多い場所であるためにその作り自体が湿気の取れやすい設計になっているんです。

 

我が家のお風呂場も洗濯物が干せる設計になっていますので雨の日はお風呂場が大活躍です。
今のお風呂場はそもそも洗濯物を干すことも前提?として作られているので洗濯物を干すためのポールがあり天井部分には乾燥機もついていますからオススメです!

 

 

 

 

ただどうしても部屋の中に干さなければならない場合は「除湿機の活用!」がオススメです!

 

やはり・・・雨の日に洗濯物を部屋の中で干すと湿気がこもってしまいますから、我が家では除湿機をつけて風向きを上にしながらなるべく洗濯物めがけて風を送り込んでいますが、比較的短時間で洗濯物が乾いてしまいます。

是非・・・お試しくださいね。

 

3.まとめ

洗濯物を乾かすための大きなポイントは3つありましたね。

①・・・気温

②・・・風

③・・・湿度

以上3つの条件を考えることが大事でしたね。

 

またそれらに対する「雨の日に洗濯物を早く乾かす方法」についても詳しくお話をさせていただきました。

 

また、どうしてもたくさんの洗濯物がある場合や早く乾かしたい場合にはお近くの「コインランドリー」も活用してみてください。

 

 

 

それぞれの状況に併せて「臨機応変!に対応して!」ムシムシ、ジメジメした雨の日のお洗濯を楽しんでみてはいかがでしょうか?(笑)

 

 

 

 

雨の日に車の洗車をするメリットについてもこちらでお読みいただけます。

 

 

雨の日に洗車をするメリットとは?

 

それでは・・・最後までお読みいただきありがとうございます!