北海道・地震!震度6強?停電時における「最重要注意ポイント!」

 

 

今日、9月6日(木)午前3時8分頃・・・北海道で震度6強の巨大地震が発生した。

 

続々と被害の状況が明らかになっているが・・・特に余震!そして大規模な停電が発生している。

 

これ以上の被害の拡大がないこと!を祈ると同時に・・・被災地の皆さまには心よりお見舞いを申し上げます!

 

地震に強い!家づくり・・・耐震の決めて

 

 

1.停電時における・・・注意点!(安全・医療機器)

 

停電した場合の注意点を

安全・医療機器

家電製品・電気機器

ビル・マンション関連

各項目についての注意点をそれぞれ説明いたします!

 

【 安全・医療機器 

・自宅の医療機器

自宅にて医療機器を使用している方は、早急に医療機関に相談してください。

・照明の代用品

夜間などの照明はなるべく乾電池式のモノを使用して「ローソク」の使用はなるべく避けてください。やむを得ず「ローソク」を使用する場合は余震時に倒れることのないよう注意し、火災には最大限の注意をしてください。

・防犯システム

停電によって作動しなくなっている可能性があります。加入会社に連絡して作動確認をしてください。

また、こうした災害時に暗躍する「ドロボーの侵入」などにも注意してください。

・ガス漏れ警報器

停電中に「ガス漏れ警報器」は作動しません。ご注意ください。

・その他の代用燃料や発電機など

炭や練炭などを燃料にしたカセットコンロや七輪、小型発電機などを室内で使用すると一酸化炭素中毒になる危険性があります。火災の危険性もあるので、絶対に室内では使用しないでください。どうしても使用する場合は十分な換気をしてください!

・信号機など

信号機などは突然消えてしまうことがあります。交差点などを通過するときは十分注意をしてください。

 

2.停電時における・・注意点!(家電製品・電気機器)

・冷蔵庫

まずは、ドアの開閉を控えてください!そして冷蔵庫内に氷を入れておくなど「保冷!」に注意してください。

・パソコン・FAXなどの精密電子機器

上記の精密電子機器などは使用中に停電になってしまうと入力中のデーターが消えてしまったり機器が故障してしまう場合があります。普段からこまめにデーターの管理をしてバックアップを取るなどの対策をしてください。また私もパソコンなどの電源を入れっぱなし?にしていることが多いので気をつけたいと思います。

 

ちなみに停電時にブレーカーを落とした場合は、停電解消後はブレーカーを上げてからプラグを差し込んでください。

 

 

 

・時間予約機能がついた家電製品

停電によって「時間予約機能」が働かなく可能性があります。停電が解消した際にはしっかりと確認してください。

 

・水槽のエアポンプなど

熱帯魚などの飼育で水槽のエアポンプを使っている方も多いと思われますが・・・水槽の酸素を確保するために電池式のエアポンプに切り替えたり出来れば他の「イケス」などに移してください。

・回転機器

電動工具などの回転機器は停電の解消した際には事故の可能性もありますので「手元スイッチ」を確実に切っておいてください。

・電熱機器など

こたつ、アイロン、ストーブ、ドライヤーなど電熱機器のプラグは必ずコンセントから抜いて
ください。停電解消時に火災の危険性もありますから外出時は特に注意してください。

 

3.停電時における・・・注意点!(ビル・マンション)

ビル・マンションなどの高層建物のエレベーターやオートロック、自動ドアそして立体駐車場なども稼働しなくなってしまいます。エレベーターなどに閉じ込められてしまった場合は落ち着いて行動することが一番重要です。管理会社を信用して救助を待ちましょう!

 

4.まとめ

これらの注意点ついて実際の被災者の方は、冷静な判断をするのが難しくなっています。またテレビなども停電の影響で映らなくなっていますのでメール等の使用が可能であれば停電時の重要な注意点!について連絡をしてあげてください!

 

続々と被害の状況が明らかになっています。

 

被災地の皆さまには心より・・・お見舞い申し上げます!

 

最後まで・・・お読みいただきありがとうございます!

お家の保険相談センター