お月見・十五夜!2018年はいつ?月待ちと月にちなんだ地名とは?

 

 

9月も半ばを過ぎて・・・今年(2018年)も十五夜(中秋の名月)を楽しむ季節がやって来ましたね。

 

最近は日常生活の忙しさ?に追われてナカナカ「十五夜」をゆっくりと見ることなどもなくなってきてしまいましたが、今年こそは平安の貴族にならって「十五夜を月見団子をほお張りながら楽しんで!」みてはいかがでしょうか?

 

1.ズバリ!今年の「十五夜」は?

今年(2018年)の十五夜(中秋の名月)は・・・9月24日(月曜日)です。

 

皆さまもご存知の通り「十五夜」は「中秋の名月」とも言われていますが「中秋の名月」とは秋の真ん中に出る月という意味です。

 

では?「秋の真ん中」とは?一体いつのことなんでしょうか?
旧暦では春(1月~3月)・夏(4月~6月)・秋(7月~9月)・冬(10月~12月)と決まっていましたが、秋の真ん中は8月ですね。

 

じゃあ「中秋の名月」は8月の真ん中8月15日あたり?という疑問が湧いてきますよね。(笑)
がしかし、旧暦と新暦には約1ヶ月近くのズレがあるために「9月7日~10月8日の間で、満月が出る日を十五夜」としています。

 

したがって毎年「十五夜の日にち」は違うんですね。

 

よって結果的に今年(2018年)の「十五夜」中秋の名月は9月24日の月曜日となります。

 

 

 

 

 

2.詩歌管弦(しいかかんげん)の・・・
宴を楽しんだ平安の貴族たちと江戸の庶民は?

平安時代の日本の貴族は、大陸から伝わってくる芸術や文化を盛んに取り入れていました。そして「中秋の名月」を愉しむ文化も中国から貞観年間(859年~877年ごろ)に伝わってきましたが、当時の貴族たちはただ月を眺めるだけではなく酒を酌み交わしたり舟の上で詩歌や管弦を愉しみ湖面に映る月をも愉しんでいたんですね。(本当に優雅で風流ですね。)

 

宴を盛んに行っていた当時の貴族たちは中秋に「詩歌管弦の宴」を開くようになりました。現在も京都の下鴨神社では中秋に「名月管絃祭」が開かれており、おごそかな雅楽にのって舞楽を奉納した当時の様子が伺い知れます。

 

同じように京都の「大覚寺・大沢池」でも平安時代からの伝統を受け継いで、詩歌管弦の宴が今でも毎年「観月の夕べ」として行われています。でもそこで驚かされるのは・・・嵯峨天皇は月見をするために近くの滝から水を引いてきて「大沢池」わざわざを作ったといわれています。

 

天を仰いで月を眺めるのではなく、池に舟を浮かべて池に映る月を楽しんでいたという何とも風流な光景ではないでしょうか?  ちなみに「大沢池」は現在もほぼ当時の姿で残っていて1200年以上も前の光景が今でも見られるそうですから京都に行きましたら是非当時の様子を想像してみてはいかがでしょうか?

 

それから庶民の間でも「十五夜」を楽しむようになったのは、江戸時代になってからだといわれています。そしてただ月を眺めるだけではなく「十五夜」の頃は稲が順調に育ってまもなく収穫の時期を迎えるので感謝の気持ちを表す行事でもあったようです。

 

秋になると人々が集まって酒を呑んだり秋の実りの食べ物をいただきながら「月待ち」を愉しんでいました。

3.庶民がたのしんだ「月待ち!」とは?

 

いわゆる「月の出てくるのを待つ、月待ち」ですが

その「月待ち」にも

・ 立待月(たちまちづき)  

十七夜は月の出が早いので立って待つ

・ 居待月(いまちづき)   

十八夜は逆に月の出がやや遅いので座って待つ

・ 臥待月(ふしまちづき)  

十九夜には寝て待つ

 

・ 更待月 (ふけまちづき) 

二十夜は夜更けまで待つ

 

などがあって庶民はこの時とばかりに大いに「宵っ張り」を楽しんだようです。

 

また、川岸に立って待つ「瀬待ち月」などもありました。

 

4.月の美しさから、名付けられた地名とは?

皆さまは月の美しさをきっかけに名付けられた地名があるのはご存知でしたか?

 

まず有名なのは「京都・嵐山の渡月橋!」です。
鎌倉時代に亀山天皇が満月の晩に舟遊びをしていた時に、月が橋の上を渡るように見えたことから「くまなき月の渡るに似る」と詠んでそこから「渡月橋」と呼ばれるようになったといわれています。

 

また、群馬県の月夜野(つきよの)もそのひとつです。

 

一説によりますと中秋に歌人の源順(みなもとのしたごう)がこの近くを通って「よき月よのう!」と感銘したのが由来であるといわれています。

 

私も関越道を車で走っている時「月夜野」という地名が気になっていました。(笑)

 

5.まとめ

 

今年(2018年)の十五夜(中秋の名月)は9月24日の月曜日です。

 

そもそも「十五夜」を楽しむ優雅な風習は平安の貴族から始まりました

 

そして江戸時代には庶民の間でも「お月見」が盛んに行われるようになって
いろいろな「月待ち」の形が出来てきました。

 

・ 立待月 (たちまちづき)

・ 居待月 (いまちづき)

・ 臥待月 (ふしまちづき)

・ 更待月 (ふけまちづき)

・ 瀬待月 (せまちづき)

 

なかなかいろいろな、お月さまの待ち方があるんですね。

 

また、月の美しさから名付けられた地名もあります。

 

京都の「渡月橋」や群馬県の「月夜野」などが有名ですね。

 

さて、あとちょうど1週間に迫った今年の「中秋の名月」これらを話題にしながら美味しいお酒と美味しい月見団子をいただきながら「秋の夜長」を愉しんでみてはいかがでしょうか?

 

本日も、最後までお読みいただきありがとうございます!