【高齢運転者】の事故多発!現状と改正道路交通法のポイント!

高齢運転者による交通事故が多発しています。

年金オヤジ!うえちゃんも60代後半?の高齢者?ですが最近、高齢者の関係する交通事故が多発しており大きな社会問題になっていますね。

 

なぜ?高齢運転者による交通事故が多発しているんでしょうか?そこで、高齢者を取り巻く現状について考えてみましょう。

 

 

 

 高齢者を取り巻く現状とは?

1  高齢化の進展

最近の日本では急速に高齢化が進み平成28年10月1日現在65歳以上の人口は3,459万人を超え日本の総人口に占める割合は27.3%となり、まさに4人に一人である。

 

今後の高齢化率(総人口に占める65歳以上の人口の割合)を国立社会保障人口問題研究所の予測によると日本の総人口の減少が予想される中、18年後の2,036年には高齢者の割合は33.3%になり3人に一人となる。

 

2  高齢の運転免許所有者の増加

平成28年末の運転免許所有者は約8,221万人であり平成27年末に比べると約6万人増加しているが、このうち75歳以上の運転免許所有者は約513万人であり(75歳以上の人口の約3人に一人)平成27年末に比べると、なんと約35万人も増加しており
今後もこの傾向が続いていくと予想されている。

 

3  加齢に伴う高齢者の身体的特性

高齢者の身体的特性は、動体視力の低下や複数の情報を同時に処理することが難しくなったり、また瞬時に判断にすることが出来にくくなりその結果ハンドル操作やブレーキ操作が遅れる?などの特性が見られる。

 

また、加齢に伴う認知機能の低下も問題であり、警察庁によると平成28年の運転免許更新の際に認知機能の検査を受けた75歳以上の高齢者約166万人のうち、約5万人は認知機能が低下しており「認知性?の恐れ」がある第一分類と判定されているとのことでありまさに、恐ろしい?状態になっている。

 

 

 

道路交通法改正(平成29年3月12日施行)
以前の問題点

改正前の道路交通法では認知機能検査の結果、仮に「認知症?」の恐れありと判断されても信号無視などの一定の違反行為をしない限りは医師の診断を受けさせられることもなかったし、免許の停止及び免許の取り消し等の処分を受けることなく運転することが出来ました。

 

まさに、「走る凶器?」そのものではなかったでしょうか?まったく、恐ろしい状況が続いていた訳です。

そこで・・・

平成29年3月12日施行の改正道路交通法とは?

高齢者による交通事故を防止するために!認知症などに対する対策が強化されました。

 

1・・・「臨時認知機能検査」及び「臨時高齢者講習の新設」

「臨時認知機能検査」とは?

75歳以上の運転者が認知機能が低下したときに起こしやすい一定の違反行為(18基準行為)をしたときには臨時の認知機能検査を受けなければなりません。

 

違反行為(18基準行為)とは?

1     信号無視
2   通行禁止違反
3   通行区分違反
4   交差点右左折方法違反
5   横断等禁止違反
6   進路変更禁止違反
7   しゃ断踏切立ち入り等
8   指定通行区分違反
9   環状交差点左折等方法違反
10  優先道路通行者妨害等
11  交差点優先車妨害
12  環状交差点通行車妨害
13  横断歩道等における横断歩行者妨害等
14  横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害等
15  徐行場所違反
16  指定場所一時不停止違反
17  合図不履行
18  安全運転義務違反   以上です。

  「臨時高齢者講習」とは?

臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響する恐れがあると判断された高齢者は「臨時高齢者講習」を受けなければなりません。(実車指導と個別指導)

 

2・・・臨時適性検査の見直し

更新時の認知機能検査または臨時認知機能検査で「認知症の恐れがある」と判断された者は「臨時適性検査」(医師による診断)を受け、または命令に従い主治医等の診断書を提出しなければなりません。

 

※医師の診断の結界、認知症と判断された場合は運転免許の取り消しまたは停止となります。

 

3・・・高齢者講習の合理化および高度化

高齢者講習は75歳未満の者については2時間に合理化(短縮)されます。また75歳以上の者については、認知機能検査の結界に基づいてより高度化または合理化が図られた高齢者講習が実施されます。

 

 

 

 

運転免許証の自主返納について

政府や自治体、警察は65歳以上の高齢者の「運転免許証の自主返納」を推し進めて、返納の際は「運転経歴証明書」が交付され身分証明書として使うことが出来る。

 

しかし、運転免許証の返納をして一番困るのは移動手段がなくなってしまう!ことです。特に交通事情の悪い?地方の高齢者にとって大きな問題です。

 

実際、私も「現役バリバリ?」で仕事をしていますから(笑い)
今すぐには、「返納は難しい?」のが 正直なところです。

 

免許証の自主返納に関する記事はこちらをご覧ください!

免許証の自主返納!メリットとデメリット?高齢者ドライバーの対応策

進まない「自主返納」の現状

自主返納に対して自治体や企業のサポートも一部では行われていますが例えば新潟市では市内在住の65歳以上で運転免許証を返納した高齢者には1万円のタクシー券等が支給されたり金融機関の定期預金の金利優遇や、レストラン等の各種割引、イオンの電子マネーの無料進呈などがあります。

 

が、しかし・・・

自主返納が一向に進まない?のが現状です。

 

やはり、今や生活上の足!である車の運転免許証の利便性を考えたらもっと根本的な解決策が必要!と思われます。

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!