【水飲み・健康法】簡単・手軽・水飲みメリット!効果的な飲み方は?

 

 

1 簡単・水を飲むだけ!

1ヶ月ほど前に・・・ふと寄ったコンビニで、
体の不調を治す!水飲み健康法というタイトルのムック本が目に飛び込んできました。

 

何でも?興味を示す私は早速・・・購入

 

水を飲むだけ!で健康になれるのか?
単純な私は・・・よ~し試してみようと水飲み健康法!をスタートしました。(笑)

 

2.人間の体の80%?は、水分です!

 

 

私達の体の中には
血液をはじめリンパ液、細胞の中にある水分、細胞と細胞の間にある水分や
脳や脊髄の中にある水分などがそれぞれの間を絶えず循環して
体中を行き来しています。

 

人間の体を流れる水の流れは、口から飲料や食べ物として入り込んで先ず胃腸で
吸収されて血管に入り血液として全身を流れ組織間の水分になったり
細胞に取り込まれて体の働きを助けています。

 

そして、それらの水分は老廃物などと共に静脈に戻って血液とともに
腎臓にいき殆どは「オシッコ」として排泄されます。

 

このような体における水分の循環が上手くいかなくなると、体の不調となって
表れてきます。

 

したがって・・・体内で水がスムーズに流れて水分の代謝がうまくいくと
臓器の新陳代謝も正常になり、それに伴って不要な老廃物も排泄されるため
わたくしたちは健康を維持することが出来るわけです。

 

それほど水は、わたくしたちにとって、スッゴク大事です!

 

3 水の4大メリットとプラスαとは?

 

 

1・・・血液のドロドロ解消に有効である

 

皆さん、ご存知の通り血液が汚れて流れが悪くなると様々な病気の元凶?となります。

 

血液がドロドロ状態になってしまうと、心筋梗塞や、脳梗塞、くも膜下出血などの
リスクが非常に高くなってしまうために、日頃から血液の状態を健康に保って
おかなければなりません。

 

水分補給を充分にすることによって血液の水分不足を解消して
血液中の脂質を排出して血流を良くすることが出来ます。

 

2・・・生活習慣病の改善をはかれる

 

私のような年齢になりますと、高血圧、糖尿病、脂質異常などの
いわゆる「生活習慣病」のリスクが非常に高くなってきます。

 

生活習慣病は、文字通り常日頃の生活習慣(日々の暮らし方)が引き起こす
病気であり食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足等が続くと体が悲鳴をあげて
発症しやすいと言われています。

 

これは、糖質や塩分の摂り過ぎが大きな原因とも言われていますが
摂り過ぎた?糖質や塩分が体内で利用されたり排出されたりがスムーズに
いかないためでもありますね。

 

その大きな原因が体内での水分の循環がうまく機能していないからです。

 

カルシウムやカリウム、マグネシウムなどのミネラルは水から摂取することが
出来るので水を飲むのが大事になってきます。

 

3・・・肥満の改善をしやしくする

 

肥満とは?摂り入れたエネルギーが消費したエネルギーよりも多いときに
余分なエネルギーが体脂肪として体に蓄積した状態ですよね。

 

エネルギーの消費は運動量や体質、体調にも影響を受けますが
体の中の水分量やその流れを改善することによって細胞の働きが活発化して
エネルギー代謝が整えば肥満を解消しやすくなると言われています。

 

そして水の満腹効果?も肥満の改善には力を貸してくれますね。

 

4・・・疲れやストレスの解消にも効果的?

 

いわゆる疲労の原因には・・・
運動量や働き過ぎによって体がエネルギー不足になったり
筋肉に負担がかかった状態の疲労と
緊張やストレス、睡眠不足などによって引き起こされる精神的な疲労がありますね。

 

いずれも放置しておくと、体のバランスを崩してしまい不調や病気の原因にも
なりうるので早期の解決が必要になってきますが、エネルギー不足などは
効率よく栄養素が体の各部に届けられないために起こってきますね。

 

疲労の改善には、エネルギーの補給と自律神経を整えることが大事ですが
自律神経のバランスを整えて緊張とリラックスを管理するためにも
良質な水の補給が大事であると言われています。

 

その他にも・・・頭痛や動悸の改善、消化機能の向上、美肌効果また


アンチエイジングや冷えの防止、ボケ防止、脳の活性化、免疫力アップなど


さまざまな効果も期待されているようですから


是非・・・「毎日の生活に積極的に水を飲む」習慣をとりいれてはいかがでしょうか?

 

4 基本的な水の飲み方とは?

 

サブタイトルにも書きましたが、人間の体の60%は水分です!
そのうち1日に失われるのは約2,500ml程度です。
体の中の水分が不足すると代謝が悪くなり不調の原因になってしまいます。

 

1日に約2,500mlが失われますが通常の食事から約800ml、
体内での脂肪分解などの代謝水が約300~400mlぐらいあると考えられ
残りの不足分の1,000~1,500mlを水飲みによって補っていかないと
脱水状態に陥ってしまいます。

 

それらから、1日の目標の水飲みは約1,5リットルですが・・・
体の大きさにもよりますから
自分の体重✕30mlを目安にしてはいかがでしょうか?

 

ちなみに・・・うえちゃんならば
体重約70kg✕30ml=約2,100ml・・・(約2,1リットル)
毎日2Lのペットボトルの水をしっかり飲む!と言うことですね。

 

5 水道の水でいいのか?

 

勿論・・・日本の水道水は世界的にも安全で問題はありません!

 

がしかし・・・

 

残念ながら、水道水ではミネラルの補給が出来ません。

 

そこでせっかく飲むのであれば・・・市販の「硬水」であるミネラルウォーターを
お飲みください!

 

もともと日本の水は、ミネラル含有量の少ない「軟水」です。

 

そこで私はミネラルウォーターを購入して飲んでいますが
どこのメーカーも同じ?とおもいきや試しにミネラルの含有量を調べてみました。

 

A社・・・ナトリウム→17.8mg
カルシウム→27.2mg
カリウム→4.90mg
マグネシウム→9.40mg  いずれも1Lあたり(2Lのペットボトル)

 

B社・・・ナトリウム→0.7mg
カルシウム→1.9mg
カリウム→0.15mg
マグネシウム→0.23mg   同条件

 

C社・・・ナトリウム→1.2mg
カルシウム→0.95mg
カリウム→0.1mg
マグネシウム→0.3mg    同条件

 

これらは、いずれも2Lサイズのペットボトルで100円~130円ぐらいのモノですが
このようにその含有量に開き?がありますのでミネラルウォーター購入の際は
ラベルを確認してみてくださいね!(笑)

 

6 私の飲み方は?

同じ量の水を飲むにしても一度にまとめて飲むのではなく
「こまめに!こまめに!」飲むのが基本です!

 

6:00  起床  目覚めに1杯!        180ml
7:00  朝食  朝食を食べながら1杯!    180ml
9:00  仕事のスタート前   1杯!     180ml
12:30 昼食を食べながら1杯!        180ml
16:00 仕事を終えて1杯!          180ml
18:30 夕飯前に1杯!            180ml
20:30 夕飯を食べながら1杯!        180ml
21:30 お風呂前に1杯!           200ml(やや多め?)
23:00 寝る1時間前に1杯!         180ml

 

これで・・・約2Lですが、夏場は汗をしっかりかくので、さらに1Lぐらいは
余計に飲むことを意識しています。

 

 

7 その他の注意事項ですよ!

※ 常温の水をのむ!

 

冷たい水は体を冷やしてしまうのでなるべく?常温で。(笑)

 

※ 清涼飲料水を水代わりにしない!

 

※ 寝る直前に水を飲んではいけません!

 

飲みすぎると夜中のトイレが心配です。(笑)

 

まだまだ・・・書き足りない?部分はありますが
今回はここまでです!

 

自分なりの工夫をしながら、いろいろ試して
自分に相応しい水、飲み方等を探し当ててくださいね!

 

少なくとも私は、今まで「水道の水でいいじゃないか?」と考えていましたが
今は毎日ミネラルウォーターをしっかり飲んで・・・このところは「絶好調ですよ!」

 

皆様も是非、お試しくださいね!

 

では・・・今回もお読みいただきありがとうございます!