新元号の行事一覧!新元号フィーバーで日本経済の活性化を期待する!

 

「新ニッポンの夜明け」と呼ぶにふさわしい新元号の制定が目前に迫ってきた。

 

すでに皆さまも、ご存知の通り「天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴う新元号」について2019年4月1日に公表され2019年5月1日からは「平成」に代る新しい元号になります。

 

「新元号」の予想合戦も徐々に熱を帯びてきましたが、それと同時に「新元号に伴う各種行事」も注目を集めてきました。

 

そこで「新元号制定に伴う各種行事」について時系列的に整理をしてみました。

 

2019年 新天皇即位にまつわる行事とは?

 

タイムスケジュールは以下の通りです。

 

2019年1月7日   天皇陛下が即位30周年を迎えられました。

 

2月23日  皇太子さまが59歳の誕生日を迎える。

 

2月24日  天皇陛下御在位30周年記念式典
(この頃記念貨幣が発行される)

 

4月10日  天皇皇后両陛下、ご結婚60周年(ダイヤモンド婚)

 

4月28日  天皇陛下ご在位中の「最後の天皇賞」が行われる
(京都競馬場)

 

4月30日  退位礼正殿の儀
(天皇陛下は5月1日より上皇陛下に)

 

5月1日   皇太子さま即位 新元号へ
          (即位後朝見の儀など)

 

6月2日   新天皇皇后両陛下、第70回全国植樹祭
(愛知県)

 

8月15日  新天皇皇后両陛下、全国戦没者追悼式典
(日本武道館)

 

9月28日  新天皇皇后両陛下、第74回国民体育大会
(茨城県)

 

10月22日 即位礼正殿の儀・祝賀御列の儀(パレード)

 

10月下旬  新天皇皇后両陛下、全国豊かな海作り大会

 

11月14日~15日   大嘗祭
(天皇陛下が即位されて初めて臨まれる新嘗祭)

 

 

 

まさに・・・新元号によって「日本列島が沸き返るでしょう!」

 

日本の消費を揺り動かす

5月1日に慣れ親しんだ「平成」から「新元号」に変わる。実に202年ぶりの予定された「新天皇即位」。これは低迷している「日本経済」を揺り動かすものと期待されています。

 

ちなみに政府は新天皇即位の5月1日を「2019年限りの休日」にすることを発表しています。そして10連休のGWという「超ロング休暇」が出現しました。

 

クライマックスは10月22日の新天皇の「即位礼正殿の儀!」

この日も「2019年限りの休日」になります。

 

新天皇皇后両陛下は皇居内での儀式でのあと「赤坂御所」に向かってパレードを行います。前回の即位礼にはオープンカーに乗った新天皇皇后両陛下の姿をひと目見ようと約12万の人がパレードに集まり祝賀ムードが盛り上がりましたが今回もたくさんの人が沿道を埋めつくすことでしょう。

 

2019年は「日本再発見の年になる!」

 

2019年の「即位礼正殿の儀」では、新天皇陛下は天皇を象徴する玉座「高御座」で即位を宣明されます。そのような厳かな儀式を見ることによって国民は古式ゆかしい文化等に興味を抱いて京都・奈良などの観光地や皇室ゆかりの美術展などが人気を集めることが予想されますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

弥生 弥生給与 19 新元号対応
価格:70831円(税込、送料別) (2019/2/3時点)

まとめ

 

2019年5月1日「新天皇即位」によって「新元号」がスタートします。果たしてどんな「元号」になるのでしょうか?楽しみですね。

こちらの記事も、是非ご覧ください。

「新元号の予想ランキング!」その決め方は?

「新天皇の即位」に伴って、さまざまな即位関連の行事が予定されていますが祝賀ムードの中「旅行」や「平成リバイバル」によって消費が盛り上がっていまいち停滞気味な、このムードが明るく変わってほしいものですね。

最後まで、お読みいただきありがとうございます!