SNSのトラブル対策とパソコントラブルの対処法!経験者が伝授

私達が生活して行く上で様々なトラブルに見舞われる事がありますね。トラブルに巻き込まれた場合自分で対応出来れば良いですが,事前にトラブルを防ぐ事も必要ではないでしょうか?

今回は、
SNS!
女性がクレジットカードを利用する場合!
パソコン!
不動産!

などで一番起こりやすいトラブルについてその対策と対処法について書いていきますのでお読みいただければ幸いです。

 

 

SNS(ソーシャルネットワークサービス)を利用する際のトラブルとは?

 

Instagram、Facebook、twitter、ブログなどのSNS(ソーシャルネットワークサービス)は私達のコミュニケーションを楽しくするツールです。

 

私の様に海外在住だったり日本国内でもご家族と離れて暮らしている場合ですと、家族や友達と近況報告をし合ったり連絡を取り合うのにも大変便利ですね。その他にも共通の趣味などを通して見知らぬ人同士の交流をする際にも年代関係なく利用出来大変便利で助かりますが・・・中には思いがけないトラブルに巻き込まれている人も多くいる為、トラブルを避けてSNSを楽しく利用するための注意点をいくつかご紹介したいと思います。

 

個人情報の公開に気をつける!

 

住所や電話番号・誕生日などの個人情報が誰でも閲覧出来る状態になっていたりするとアカウントの乗っ取り被害に合う事が多々あります。SNSでは投稿やプロフィールなど入力している内容が公開される範囲に気をつけてください!

 

利用する前にプライバシーの設定及び公開範囲の設定を良く確認してパスワードの設定に関しては定期的に変更してトラブルを防ぎましょう。

 

写真の公開には注意しよう!

 

自宅で撮影した写真をSNSに投稿したところ写真に写っている背景から住所が知られてしまったり、旅行に行く事を公開していたら空き巣被害に合ってしまったなどのトラブルがあります。(実際に私が住む国では、FB(フェイスブック)の投稿から空き巣被害に合う事が多く大使館から注意喚起が来ておりました)。

 

写真の背景から位置を特定される可能性がありますのでスマホのカメラには位置情報を記録しないよう設定しておいたり、SNSに写真を投稿する時には位置情報の有無を確認する・写真を加工するなどの注意が必要です。

 

詐欺やスパムメールが届く

知らない名前やサイト名からメッセージやメールが届いたと言う経験は誰でもある事ではないでしょうか?迷惑メールの設定をしていると振り分けてくれますので削除すれば良いだけかもしれません。

 

自分の知らない名前及びサイト名から届くメールなどは安易にクリックしてはいけません!
更に金融機関及びオンラインサービスから届くメールで、住所やクレジットカード番号・パスワードなどの入力を求められた場合は必ず正規の送信元、正規のオンライン元であるかを確認する必要があります。

 

マナーを守る

許容出来る情報の公開範囲は人それぞれ違うかと思われますが、個人の情報や一緒に写っている写真を投稿する場合は必ず相手に確認を取った方がトラブルを防ぐ可能性が高くなります。

 

またメッセージやコメントなどは投稿する前に再度読み直してみることをお勧めします。SNSはオンライン上の手軽なコミュニケーションであるからこそ実生活で実行しているマナーを忘れる場合もありますので、充分に気をつけて投稿や発言をししてください。

 

実際に会える友達なら相手の顔が見えるので「そういう意味じゃないよ~」と言えたり誤解も解けたりすると思いますがオンライン上で知り合った顔も知らない人とのコメントやメッセージのやり取りは本当に注意をしてください!

 

私も以前Instagramを利用していた時がありましたが「なう」で写真を投稿する事は一切しませんでした。相手の顔が見えないので文字だけの交流は難しい場合もありちょっとした言葉の行き違いから誤解を招いたりしていたので、コメントなどを送る時には結構気を遣っていました。。自分のちょっとした配慮でSNSを楽しく利用出来ると良いですね。

 

女性のクレジットカード現金化

 

クレジットカードの現金化の利用者の1/3は女性であると言われておりショッピングや女子会など女性は何かとお金がかかる事が理由になっているのでしょうか。

 

ここではクレジットカードを現金化する場合の注意点をご紹介します。

 

 

■ 良い点

女性向けのため対応するスタッフが全員女性で構成されている業者があります。初めて利用する際には不安もあるかと思われますが女性スタッフが丁寧に対応してくれたら心強いですね。更に還元率も高くして貰えるサービスありますし24時間無休で営業している業者もありますので自分のライフスタイルに合わせた時間に申し込む事が出来ます。

 

■注意点

 

もしクレジットカードのショッピング枠を現金化する機会がある場合、免許証やパスポートなど身分証明の出来る書類の提出は一般的に必要がありません。

 

本人確認のためと言われると逆に信用出来そうに思えなくもありませんが基本的に必要はありません。クレジットカード現金化の業者の中には悪徳と呼ばれる業者もたくさんあり悪徳業者によるトラブルは男性も女性も変わりはないですが女性の方がトラブルに巻き込まれやすいかもしれません。

■ トラブルに巻き込まれた際の相談先

クレジットカード現金化のトラブルは国民生活センターに寄せられる相談件数だけで言うと年々減少の傾向にあると言われていますが本来であればクレジットカード現金化は避けたいところです。諸事情などによりどうしても必要と言う場合もあるかと思われますが、この様に困っている際にトラブルに見舞われては精神的にも疲れてしまいます。

 

もしもの場合には「国民生活センター」または「消費者センター」に相談する事をお勧めします。両者は日頃から同じ様な相談が多く対処法が確立しており警察や弁護士に相談するよりも早く解決してくれる可能性もありますし場合によっては職員が相手方との交渉テーブルについてくれる場合もあり非常に頼もしい存在です。

 

■ その他

クレジットカードを持っていると言う方は意外と多いのではないでしょうか?クレジットカードは大変便利ですが私の場合はクレジットカードは1枚も持っておりません。

 

私が住む国ではハッカーによる被害が物凄く多いため銀行残高が知らない内にゼロになってしまったというケースもあるからです。またレストランやホテルなどでクレジットカードで支払いをする場合にスキミング被害に合ったという事も多くあります。海外でクレジットカードを利用する場合は必ず自分の目の届く場所で支払いをしたり、安易にネット上にクレジットカード番号を入力しない事が大切です。

 

パソコンのトラブルの際に利用したいNTTのサービスとは?

 

■ パソコントラブル解決メニューは経験豊富なスタッフが自宅に訪問しサポートしてくれるシステムです。どなたでも利用可能・土日も訪問可(年末年始をく)日本全国訪問対応してくれます。

 

この様なトラブルの場合に利用

1)パソコンの調子が悪いのだけど自分で確認するのが難しい→
おまかせ診断パック
3780円(税込)+訪問基本料5400円(税込)

 

2)インターネットを繋げたいが設定が難しい→
インターネット接続設定
3240円(税込)+訪問基本料5400円(税込)

 

3)ウィルス対策が不充分なのでは?と心配→
ウィルス対策ソフト導入設定
3888円(税込)+訪問基本料5400円(税込)

 

4)ウィルスに感染してしまった→
ウィルスチェック・駆除パック
8640円(税込)+訪問基本料5400円(税込)

 

 

5)パソコンを初期化したいのだけど方法が分からない→
パソコン初期化パック
10800円(税込)+訪問基本料5400円(税込)

 

■ パソコンや周辺機器、トラブルの解決をサポートするサービス(有料)でフレッツ光を現在ご利用中のお客様に限り電話での応対の他パソコンの画面をお客様と共有出来るリモートサポート(遠隔操作)もあり、同じ画面を見ながらお客様とオペレーターが共有出来るので説明や操作に迷う事が少なくなるので初心者の方でも気軽に利用する事が出来ます。何度サポートを受けても料金は月額500円(税抜)で土日祝日も年中無休で対応可能です。

 

・詳しくはNTTコミュニケーションズの公式サイトを見てパソコンを使用する際のトラブル・困りごとはどこに相談したら良いのか確認してみて下さいね。

 

土地や建物・賃貸などのトラブル対処法

 

 

■ 土地や建物、物件購入時に多くあるトラブル

媒介契約や取引様態、仲介手数料、契約及び解除、お金をめぐること、などがあります。

 

 

■ 借りる際に多くあるトラブル

入居の申し込みに関すること、契約・解約・更新に関すること、契約条項に関すること、入居後の住まい・隣人・設備のこと、貸主のオーナーチェンジに関わること、などがあります。

 

■ 万が一、トラブルに巻き込まれてしまった場合

 

1.契約内容を確認してみる
どの様な約束事になっていたのか既に重要事項説明を受けたり契約を結んでいる場合は、その書面の内容を良く確認する様にしましょう。

 

2.話し合いの内容は書面にする事
トラブルに対する自分の要望を具体的にあげて相手と話し合う時は、認識のズレが無い様話し合いの内容や結果を書面に残したり、問題点に関わる法律など規定についてある程度把握をしておく必要があります。

 

3.相談窓口を利用する
当事者間で話し合う事に不安がある場合や一般的にどの様な扱いになるのかを知りたい時当事者間で話し合ってみたが解決出来ないなどの場合は相談窓口を利用する事も必要です。

 

私の友人にある不動産会社の知人がいて、今「不動産のトラブルで一番何が多いの?」と少し話を聞いたのですが解約時の現状回復のトラブルがダントツに多いそうです。修繕費の負担や持ち込んだ荷物は全て運び出すなどですが賃貸物件を借りる際には契約時にきちんと書面にて話し合いをした方が双方のトラブルは少なくなるだろうという事でした。

 

そして、我が家も経験した事があるのですが分譲マンションを購入した時にペット可と言う記載があったため、ペットがいる旨を話した上で契約し入居したのですが入居後一ヶ月も経たない内にマンションの管理事務所が変わってしまった事がありました。管理事務所が変わると住まいの規定も変わる事が多々あり、ペット可物件が突然ペット不可になりました。

 

その時に効力を発揮したのは契約した時の内容を全て書面にしてあった事・法律など規定を把握していた事でした。各種のトラブルについて記事を書かせて頂きましたが、皆様の参考になれば幸いです。