【空飛ぶ車】の定義!と実用化のメドは?SkyDriveの現状は?

「空飛ぶ車!」と聞いてSFの世界を思い浮かべる人も多いと思いますが実はもうすでにそう遠くない将来、日本でも現実の移動手段として羽ばたこうとしています。また垂直離着陸が可能な次世代モビリテイの「空飛ぶクルマ」が今や世界中で注目を集めています!

 

日本国内でも政府がロードマップを策定するなど、実現に向けた動きがすでに本格化しています。日本発の空飛ぶクルマとして知られている「SkyDrive(スカイドライブ)」が羽ばたく日はいつになるのでしょうか?最新の動向を探ってみました。

 

「空飛ぶ車!」(空飛ぶクルマ)の定義とは?

 

「空飛ぶ車!」とは「スカイカー」とも言われており空を飛行することが可能な自動車!のことです。ちなみに英語では「浮上可能な自動車全般をさして「Flying Car」と呼ばれています。

 

また、SF作品などに登場する空気の力で浮上する車は「エアカー」と呼ばれています。

 

「空飛ぶクルマ」実用化のメド?日本政府の取り組みは?

 

日本政府は2018年6月に閣議決定した「未来投資戦略2018」で掲げた次世代モビリティ・システムの構築に向けた取り組みのなかで、モビリティ革命「MaaS (モビリティ・アズ・ア・サービス)」などと共に世界に先駆けて「空飛ぶ車の実現!」をめざす方針を示しました。

 

そして8月には国土交通省と経済産業省が「空の移動革命に向けた官民協議会」を共同で立ち上げて11月16日に行われた第3回会議で、インフラ・制度整備や技術開発に向けたロードマップの素案を作成し「空飛ぶ車!」を新たな産業に育てようと本腰をいれています。

 

 

「空飛ぶ車」民間の取り組みとは?

 

一方、民間では大手企業などを中心に今や世界中で120社以上が「空飛ぶ車」の開発競争に参入しています。

 

2020年の試験飛行をめざすアメリカ配車サービス大手の「ウーバー・テクノロジーズ」をはじめ、航空機大手の「エアバスとアウデイ連合」、アルファベットCEOのラリー・ペイジが出資する「キテイ・ホーク」などそうそうたる企業体が「空飛ぶクルマ!」に名乗りをあげています。

 

日本発の取り組み!「SkyDrive(スカイドライブ)」とは?

 

そんな中日本発の取り組みとして世界で羽ばたこうとしているのが、有志団体の「CARTIVATOR(カーテイベーター)」が開発している「空飛ぶ車!SkyDrive」で2012年から活動をスタートして現在は航空業界・自動車メーカーなどに所属する有志が100名ほどが集まって活動を続けています。

 

トヨタ出身で「カーテイベーター」の共同代表をつとめて2018年10月に設立した「SkyDrive」の代表取締役の福澤知浩は「めざすのは2050年までに誰でもいつでも空を飛べる時代を創り出すこと」と話しています。

 

すでに、2014年には5分の1スケールの実験機「SD-00」を開発して2018年5月には実物大モデルの2号機「SD-01」を公表しました。その間トヨタグループをはじめPanasonicやNECなどさまざまな企業からの技術協力や出資を得ながら急ピッチで開発を進めており2019年夏ごろをメドに屋内における有人飛行テストを行う予定です。

 

「空飛ぶ車!SkyDrive」の現状と概要は?

 

欧米では固定翼のあるタイプの開発も進んでいるが福澤は「そのような機体は長距離を飛べる半面機体が大きくなってしまい、陸上で走れる場所や着陸する場所が限られてしまう?」ということで「SkyDrive」は機体の4隅に8つのプロペラを配して二人乗りとして世界最小のサイズをめざしています。

 

ちょうどドローンを大型化したものに人が乗るイメージでしょうか?電動で駆動して排気ガスゼロ!で騒音も抑えており滑走路も不要で垂直離着陸が出来るので「街中でも運用可能」が大きな特徴です。

 

 

「空飛ぶクルマ」現在の問題点は?

 

 

世界的な開発競争が繰り広げられる中日本でも早期に実現に向けての取り組みが本格化していますがまだまだ法律上の問題や安全面での技術開発、管制システムなどの整備・社会の受容性?などさまざまなハードルが現実問題として残っています。

 

まとめ

 

今注目されている「空飛ぶ車」の現状や問題点?などをお話させていただきましたがここで、要点をまとめてみます。

 

空飛ぶ車!とは文字通り「空を飛行することが可能な自動車!」のことです。

 

日本政府は2018年6月に閣議決定した「未来戦略2018」で本格的に「空飛ぶクルマ!」への取り組みを本格化させました。

 

民間でも世界中で120社以上が「空飛ぶ車!」の開発に取り組んでいます。

 

日本発の「SkyDrive]」も開発がドンドン進んでいます。

 

「SkyDrive」はドローンを大型化したようなイメージです。

 

まだまだ法制面や安全技術上のさまざまな問題点もあります。

「SkyDrive」は海外市場も視野にいれて開発が進められており、和製の空飛ぶ車!」が世界のビッグプレーヤーに成長出来ることを期待したいですね!

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!