宅配便を安くする方法!日本郵便・ゆうパックスマホ割の威力とは?

 

 

最近の宅配便の値上げラッシュ!は痛い!ですよね~。

 

これから年末に向かって「お歳暮」やら・・・都会で暮らしている子供に荷物などを送ってあげる機会などがドンドン増えてきますから宅配料金も馬鹿になりません!そんな「値上げ続きの宅配便!」にとって救世主になる!スマホアプリが誕生しました!

 

これを使えば・・・宅配便料金を大幅に引き下げられる「超おすすめの神アプリ!」です。

では・・・これからその「全貌」をあなたにお伝えいたします。

 

1.宅配便を安くする方法!日本郵便の「ゆうパックスマホ割!」の大きなメリットとは?

 

 

 

ズバリ! 宅配便料金を最安値にしてくれる超おすすめの「神アプリ!」は・・・2018年9月にスタートした日本郵便の「ゆうパックスマホ割!」です。

 

これを使えば、サイズにかかわらず荷物1個につき基本運賃から180円(税込み)の値引きをしてもらえるのです。実に以前からある「持ち込み割引」(税込み120円)と比較するとな、なんと割引率が50%もアップ!したのです。

 

したがって「ゆうパック」の最低料金800円(荷物の3辺の合計が60cm以内・同一都道府県内の場合)が180円の値引きが受けられるので620円になります。

 

2.ライバルの「宅急便」(ヤマト運輸)との料金比較!

 

ヤマト運輸の「宅急便」は、日本郵便の「宅配便」と同条件で907円かかります

 

営業所への「持ち込み割」(クロネコメンバーズの場合150円の割引)と営業所の端末で送り状を作成する「デジタル割」(税込み50円)をプラスしても200円の割引きで707円です。

 

これらに加えて独自の電子マネーで支払う「クロネコメンバーズ割」を使ってようやく616円になり、日本郵便のゆうパックを若干下回る料金になるわけですが・・・ナカナカ使いづらいですよね~。

 

3.日本郵便の配送料金を最安にできる「ゆうパックスマホ割」の利用条件とは?

 

それは・・・「ゆうパックのスマホアプリを使うこと!」です。

 

 

この「アプリ」に宛先を入力して、VISA(ビサ)か?MASTERCARD(マスターカード)のクレジットカードで「配送料金」を先に支払う。あとは郵便局に持ち込んで「ゆうプリタッチ!」という端末で伝票を印刷して発送するだけです。

 

なぜ?スマホアプリを使うことで日本郵便は大幅な値引きのサービスを提供できるのか?

 

それは・・・郵便窓口での受付作業を省けることと集荷の手間もなくすことができるので、この人手不足時代を反映して出るべくして出てきた「スマホアプリ!」ということですね。

 

いや、まさにスマホを持っていないとあらゆる面で不利を被ってしまう時代になってしまったようですね。

 

4.まだある!日本郵便「ゆうパックスマホ割!」の2つのメリット!とは?

 

■・・・メリットその1

送った先の相手方が郵便局まで荷物の受け取りに来てくれるなら、更に100円の割引になります。またこの「郵便局受け取り」ならば相手方の住所がわからなくても発送することが出来ますね。

■・・・メリットその2

郵便局の支払いは「現金のみ」ですが・・・アプリの」場合はカード決済なのでカードのポイントをためることが出来ますね。

 

 

5.まとめ

 

■・・・日本郵便の宅配便料金を最安値にする方法は?スマホに日本郵便の「ゆうパックスマホ割!」のスマホアプリを入れることです。

■・・・ライバル・ヤマト運輸の「宅急便との料金比較!」もしています。

■・・・日本郵便「ゆうパックスマホ割!」を使えば2つのメリットもあります。
    相手の住所がわからなくても発送出来ます。
スマホアプリを使う場合には、カード決済になるのでカードにポイントがたまります。

 

このように・・・日本郵便の「ゆうパックスマホ割!」を使うことによって最近の宅配料金の値上げに、たとえ少しでも安くする工夫をしてみてください。

 

今後も人手不足・宅配便利用の増加などを背景に、ますます宅配料金の値上げが予想されています。この記事を参考にして物価の値上がりにドンドン対抗していきましょう!

 

最後まで、お読みいただきありがとうございます!