【山上浩】の家族は?救命救急医を支える家族の絆とは?学歴・年収も

 

「絶対に断らない男!」救急救命医山上浩が毎日放送(TBS)の情熱大陸に登場します。山上浩を支える家族の絆とは?なぜ救命救急医になったのか?学歴・年収などその疑問にも迫ってみました。

 

 

過酷な現場を支える男の生き様をお伝えします!

 

山上浩(救命救急医)を支える家族とは?

 

山上浩(40歳)率いる湘南鎌倉総合病院では救急患者の受け入れ先が見つからない、いわゆる「たらい回し」で困っている患者を「絶対に断らない!」ポリシーのもと「患者受入数日本一」を実現しています。

 

その湘南鎌倉総合・病院で2018年から「救急センター長」として地域医療に貢献している山上浩を支えているご家族は奥様と2人の娘さんです。

 

私の経験から「男が外に出て立派な仕事を成し遂げるためには絶対に家族の力強い協力と理解が必要!」ということです。

 

まさに「素晴らしいご家族に恵まれている!」からこそ患者さんに対しても優しく真剣に取り組むことが出来ているのだと確信しています。

 

ご本人も語っていますが「仕事ばかりしていると優しくなれないんですよ。」の言葉どおり「どんなに忙しくても病院以外の自分の時間や家族との時間を大切にしている!」そうです。

 

そんな温かい気持ちをお持ちですから「ご家族や患者さんにも優しく接することが自然に出来る!」んでしょうね。

 

「山上浩の学歴などのプロフィール」とは?

山上浩のプロフィールは以下の通りです。

 

■名前   山上浩(やまがみひろし)

 

■出身地  福井県

 

■年齡   1979年生まれ (40歳)

 

■学歴   福井大学医学部

 

■趣味   ランニング・山登りなど

 

■経歴   2013年 湘南鎌倉総合病院 救急総合診療科部長
2018年 同病院 救命救急センター長 現在に至る

 

■ポリシー 「運ばれてきた患者は100%受け入れる!」

 

大切にしている言葉
・ 断る理由を探すより、どうしたら受け入れられるか?
・ 誰がやるかではなく、何をやるか?
・ 何をやりたいかより、何をやらなければならないのか?

「自分が患者のために正しいと信じることを謙虚にタフにやり続けること!スタッフと共に常に最善を尽くす!」とおっしゃっています。
本当に「かっこいい!」ですよね。(笑)

 

■経緯
山上浩本人が福井大学在学中に不整脈を患い循環器内科を目指したが、卒業後に当直勤務をしていた際に「対応出来ることがあまりにも少ないこと」に気づいて救急医に転向した。

 

■エピソード
山上浩が小児科医を志望していた頃に、後輩の関根医師との話で「ここ(湘南鎌倉総合病院)なら自分のめざすことが出来ると思い湘南鎌倉総合病院の救急総合診療科で研修を受けることに決めました。」と語っています。

「救急救命医・山上浩の年収」はどのくらい?

 

救命救急医は激務であるため医師そのものが不足している医療機関も多いので年収の上限が高く設定されています。

 

転職サイトによりますと年収2001万円以上が39%と最も多く次いで年収1401~1600万円の求人となっているので2018年から湘南鎌倉総合病院の救命救急センター長という重責からして、勤務医を含めた医師で年収2000万円を超えている人が約23%いることを考えると2000万円を超えていると思われます。

 

が救命救急医という激務であることからしても決して年収が高いとは思えませんね。
むしろもっと高額でもいい!と私は思います。

 

まとめ

 

「絶対に断らない男!」山上浩の魅力!愛するご家族!学歴・年収やそのポリシーなどをまとめてみました。

 

■・・・湘南鎌倉総合病院の救急センター長「山上浩」のご家族は奥様と2人の娘さんの4人家族です。

 

■・・・山上浩は福井県出身の1979年生まれで現在40歳です。

 

■・・・「運ばれてきた患者は100%受け入れる!」のポリシーで
地域医療いや全国的にも多くの患者さんから信頼されています。

 

■・・・山上浩の年収は2000万円を超えていると思われます。

素晴らしいご家族に支えられているからこそ、患者さんのために日々闘っている救急救命医の山上浩今後ますますの活躍を期待しています!

最後まで、お読みいただきありがとうございます!